• ホーム
  • 芸能
  • キンコン西野、「“芸人”は職業でなく“姿勢”」 ネット住民と直接対決

キンコン西野、「“芸人”は職業でなく“姿勢”」 ネット住民と直接対決

 お笑いコンビ・キングコング西野亮廣が、きょう27日放送のテレビ朝日系『EXD44』(深0:15〜0:45※一部地域を除く)に出演。先輩芸人や大物作家に噛みつくなど、数々の自由奔放な発言で“芸能界一SNSが荒れる男”が、自身に対して辛辣(しんらつ)な意見を浴びせ続けるネット住民と直接対面する。

 決戦の場は東京・神保町の喫茶店。約束の時間の30分前に到着した西野は「緊張してきたなぁ…怖いなぁ…」と頭を抱えながらも、「いや、ここらへんで(僕の)嫌なイメージを払拭したい!」と、決意を固める。そこへ、普段SNSで西野に手厳しい意見を言っている2人のネット住民が現れて…。

 芸人であるにもかかわらず、ここ数年は絵本作家としての活動の方が目立っている西野に対し手厳しい声を直接ぶつけるネット住民の某氏。西野は動揺しながらも、「『芸人』はロックと一緒。職業ではなく『姿勢』。だから、絵を描いたっていい」と自分の気持ちを理解してもらおうと持論を展開する。1時間におよぶ激論の末、最後は西野から衝撃発言が飛び出す。



オリコントピックス