• ホーム
  • 映画
  • 赤井沙希、飯伏幸太とラブシーン挑戦「戦いでした」

赤井沙希、飯伏幸太とラブシーン挑戦「戦いでした」

 女子プロレスラーの赤井沙希選手が27日、都内で行われた映画『大怪獣モノ』(7月16日公開)完成披露舞台あいさつに出席。同作で主演を務めた飯伏幸太選手とラブシーンに挑戦した赤井選手は「照れたら負けなので、試合に行くみたいな気合を入れた。戦いでしたね」と振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、飯伏選手と鈴木みのる選手が、大怪獣と戦うために巨大化した人間を演じる異色の特撮作品。『地球防衛未亡人』『いかレスラー』の河崎実監督がメガホンをとった。

 飯伏選手は「セリフを覚えたり、演技をすることが難しかった」と苦労を吐露しつつ「初めてのことはなんでもやってみたいので、怪獣と戦ってみたかった。楽しかった」と笑顔。河崎監督は「戦い以外の飯伏選手の演技のところが本当に面白いですよ。私は『いかレスラー』で西村修選手も監督しましたが、彼も棒読みで、ディスイズ棒ですよ」と絶賛(?)した。

 続けて、河崎監督は同作について「『シン・ゴジラ』の便乗です」「わけわかんない映画をまた作っちゃった」とぶっちゃけ発言。今しか通用しない時事ネタも盛り込んでいるようで、「真面目に真剣にバカをやっているのがいつもの僕のスタイル。それを観てほしい」とアピールした。

 そのほか、斉藤秀翼河西美希が出席した。



関連写真

  • 映画『大怪獣モノ』完成披露舞台あいさつに出席した赤井沙希 (C)ORICON NewS inc.
  • 飯伏幸太が大怪獣モノにキック! (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『大怪獣モノ』完成披露舞台あいさつに出席した飯伏幸太 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『大怪獣モノ』完成披露舞台あいさつに出席した斉藤秀翼 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『大怪獣モノ』完成披露舞台あいさつに出席した河西美希 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『大怪獣モノ』完成披露舞台あいさつに出席した河崎実監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『大怪獣モノ』完成披露舞台あいさつに出席した(左から)赤井沙希、斉藤秀翼、飯伏幸太、河西美希、河崎実監督、大怪獣モノ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス