• ホーム
  • 芸能
  • ジャンポケ斉藤、念願の連ドラ初レギュラー「まだ信じられない」

ジャンポケ斉藤、念願の連ドラ初レギュラー「まだ信じられない」

 お笑いトリオ・ジャングルポケット斉藤慎二が7月12日スタートのカンテレ・フジテレビ系ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(毎週火曜 後10:00※初回は後9:00〜2時間SP)に、レギュラー出演する。

 女優の波瑠が新人刑事・藤堂比奈子に扮し、次々と起こる不可解な殺人事件に立ち向かっていく猟奇犯罪ミステリー。斉藤が演じるのは、独特な口調で周囲から密かに「オタク鑑識官」と呼ばれる敏腕鑑識官・三木健。「ちょっと怖いドラマの中で少し明るくなれる存在になればうれしい」と役どころを説明した。

 コントでのオーバーな表情や動作を交えたキャラクターが人気の斉藤だが、もともとは俳優志望。自身初の連続ドラマへのレギュラー出演がかない「文学座の研究生で頑張って、でも、結局そこではダメで…。お笑いを経て、いま、演技のお仕事ができるのがうれしくてしょうがないですね」と感慨に浸った。

 すでに撮影は始まっているが「まだなんか信じられないんですよね」と斉藤。「ドラマに出たい!とは前から言っていたんですけれど、まさか連ドラに出させてもらえるなんて思っていなかったので…。僕で大丈夫ですかね(笑)」と借りてきた猫のよう。

 「ドラマの慣習もわからないので、衣装合わせに行った時に、30人くらいのスタッフが僕を待ち受けていたのにはびっくりしました。『え、オーディション!?」と思って(笑)。一人ずつご紹介されたんですけれど、『ごめんなさい! 覚えられません」と言ってしまいました(笑)。でも、たくさんの人が僕のために足を運んでくださっていて、気が引き締まりました」と話していた。



オリコントピックス