• ホーム
  • 芸能
  • 『ガンダムユニコーン』副音声企画の「おかわり」実現 7・3から全3回

『ガンダムユニコーン』副音声企画の「おかわり」実現 7・3から全3回

 メ〜テレ・テレビ朝日系で放送中のアニメ『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』(毎週日曜 前7:00)で、4月3日の第1話から3週連続放送した副音声企画が、「おかわり希望!」との熱い要望に応えて、第2弾の実施が決定した。7月3日放送の第13話以降、第14話、第15話の全3回を予定。

【写真】その他の写真を見る


 今回の企画タイトルは「ガンダムユニコーンはこれからがクライマックス!  副音声で君の中の可能性(ニュータイプ)もマックスにしてやるっ!!」。前回同様にMCをガンダム大好き芸人、濱口優よゐこ/44)が務め、声優代表としてリディ・マーセナス役の浪川大輔(40)、制作者代表としてストーリーを担当している小説『機動戦士ガンダムUC』の作者・福井晴敏氏(47)、サンライズのプロデューサー・小形尚弘氏(42)が再集結した。

 番組本編を観ながら、4人の出演者が自由な会話形式で進行。浪川はアフレコ収録中、福井氏と小形氏は作品制作中、それぞれかなり濃厚な“裏話”を競うように語り合った。「キャラクターの名付け由来」「ガンダムシリーズで好きな女性キャラクター」「お気に入りの名脇役」「グッときた名台詞」「そもそも“ニュータイプ”とは?」など、今回の副音声企画だけでしか聴けないトークテーマから引き出される話は、ガンダムファンならずとも、興味深い内容となっている。

 浪川は「前回(第1〜3話)は登場シーンが少なかったですが、今回の収録ではリディの名場面がたくさんあったので話しがいがありました。今回も皆さんからとても良い話が聞けたので、僕も『おかわり希望!』また呼んでください!」と、早くも第3弾に期待。福井氏は今回の聴きどころについて「ニュータイプの謎が解ける! これに尽きますね」と断言した。小形氏も「今回はいろいろな“謎”が解けたと思います。“ニュータイプ”はもちろん、僕も知らなかったことがありました。また機会があればもう1回やりたいですね」と話していた。



関連写真

  • メ〜テレ・テレビ朝日系で放送中のアニメ『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』7月3日第13話から放送される副音声の収録風景(左から)小形尚弘氏、福井晴敏氏、濱口 優(よゐこ)、浪川大輔
  • メ〜テレ・テレビ朝日系で放送中のアニメ『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』メインビジュアル
  • メ〜テレ・テレビ朝日系で放送中のアニメ『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』より
  • アニメ『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』副音声企画に出演する濱口優(よゐこ)
  • アニメ『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』副音声企画に出演する浪川大輔
  • アニメ『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』副音声企画に出演する福井晴敏氏

オリコントピックス