• ホーム
  • 映画
  • MATSU、劇団EXILE松組に「命かけた」 初プロデュース映画が公開

MATSU、劇団EXILE松組に「命かけた」 初プロデュース映画が公開

 人気グループ・EXILEのMATSU(41)が25日、都内で初プロデュース映画『KABUKI DROP』の初日舞台あいさつに登壇した。

【写真】その他の写真を見る


 MATSUは昨年末にEXILEのパフォーマーを卒業してから、劇団EXILE松組を立ち上げた。同映画は劇団の旗揚げ公演『刀舞鬼-KABUKI-』と連動したもので、『刀舞鬼』に関係した男女のサスペンスフルな人間ドラマと、舞台の背景を描いた“フェイク・ドキュメンタリー”の2本立てとなっている。

 壇上でMATSUは「パフォーマーを卒業してから2016年、この松組に命をかけてやってきました」といい、初プロデュースの映画が封切りに「公開できる喜びを感じています」としみじみ。惜しみない拍手を送るファンに向かって「フェイク・ドキュメンタリーはエッジ強すぎると思ったけど、楽しんでいただけてよかったです」と安堵の表情をみせた。

 最後は「発展途上の状態ですがこれからもEXILEのメンバーとして新しい形を作っていきたい」と結んだ。舞台あいさつにはほかに、早乙女太一(24)、島袋寛子(32)、上條大輔監督が出席。俳優の平沼紀久が司会を務めた。



関連写真

  • 初プロデュース映画『KABUKI DROP』が公開。舞台あいさつでガッツポーズをみせたEXILE MATSU (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)早乙女太一、EXILE MATSU、島袋寛子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)平沼紀久、早乙女太一、EXILE MATSU、島袋寛子、上條大輔監督(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『KABUKI DROP』初日舞台あいさつの模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス