• ホーム
  • 映画
  • 門脇麦、単独映画初主演が封切り「感慨深い」 “多人観欲”とお願い

門脇麦、単独映画初主演が封切り「感慨深い」 “多人観欲”とお願い

 門脇麦(23)が25日、都内で行われた映画『二重生活』初日舞台あいさつに出席した。同作で単独映画初主演を務めた門脇は「ついに初日だなと感慨深い思いでいっぱい」としみじみ。漢字四文字で初日を迎えた気持ちを表す場面では、“多人観欲”とフリップにしたため「多くの人に観てほしい。そのまんまです。世代を問わず観てほしい」と語った。

【写真】その他の写真を見る


 舞台あいさつには、長谷川博己(39)、菅田将暉(23)、リリー・フランキー(52)、岸善幸監督(52)が登壇。恋人役で共演した菅田は“良寝真下”と書き、劇中の寝るシーンで本当に寝てしまったことを告白。さらに「よく寝ました。普通作品のクランクアップとか公開日は寝られないんですが、なぜかすごくよく眠れた。岸組のリズムなのかな?」と語った。

 “超門脇麦”とした長谷川は「最後の表情を観たとき、いままでの麦ちゃんと全然違う。また門脇麦を超えたなと思った」と演技を称賛。門脇は「ものすごくうれしいです。ありがとうございます」と照れながらも喜びの表情を浮かべていた。

 作家・小池真理子氏による小説を実写化した同作は、大学院の教授に薦められ、“哲学的尾行”を実践することとなったヒロイン・珠(門脇)が、編集者の石坂(長谷川)を尾行していくうちに、どんどんその行為にのめり込んでいく様を描く。門脇は尾行シーンについて「面白いんです。長谷川さんが愛人と口論するシーンとか見ていて面白い。ニヤついちゃった」と振り返った。



関連写真

  • 映画『二重生活』初日舞台あいさつに登壇した門脇麦 (C)ORICON NewS inc.
  • 菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)岸善幸監督、菅田将暉、門脇麦、長谷川博己、リリー・フランキー (C)ORICON NewS inc.
  • 長谷川博己 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『二重生活』初日舞台あいさつに登壇した長谷川博己(左)、リリー・フランキー (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『二重生活』初日舞台あいさつに登壇した門脇麦 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『二重生活』初日舞台あいさつに登壇した門脇麦 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス