• ホーム
  • 芸能
  • 『本屋大賞』名称&ロゴ無断使用で注意喚起

『本屋大賞』名称&ロゴ無断使用で注意喚起

 全国書店員が“今いちばん売りたい本”を投票によって決める『本屋大賞』(本屋大賞実行委員会主催)は23日、公式ツイッターを更新。書籍の帯などで「本屋大賞ノミネート」をうたい、王冠ロゴなどを許可無く無断で使用している指摘があったとし、注意をうながしている。

 ツイッターでは「本屋大賞受賞作・ノミネート作でないにも関わらず、帯で『本屋大賞ノミネート』をうたっている本がある、とのご指摘を某所からいただきました」と報告。現物は確認できなかったが「本屋大賞の名称及び王冠ロゴデザインは本屋大賞実行委員会で商標登録していますので、無断で許可なく使用することはできません。ロゴデザインを使用していただいているのはノミネートされた作品のみに限っています」と説明した。

 続けて「本屋大賞ノミネート作ではないにもかかわらず、ノミネートをうたっている作品の出版者の方は、読者の方々に誤解・混乱を与えることにもなりますので、速やかに削除をお願いいたします」と呼びかけ「本屋大賞のこれまでの正式なノミネート・受賞作につきましては、本屋大賞HPをご確認ください」とした。

 なお『2016年本屋大賞』は宮下奈都氏の『羊と鋼の森』(文藝春秋)が大賞。

■2016年本屋大賞 順位一覧
大賞:『羊と鋼の森』宮下奈都氏(文藝春秋)
2位:『君の膵臓をたべたい』住野よる(双葉社)
3位:『世界の果てのこどもたち』中脇初枝(講談社)
4位:『永い言い訳』西川美和(文藝春秋)
5位:『朝が来る』辻村深月(文藝春秋)
6位:『王とサーカス』米澤穂信(東京創元社)
7位:『戦場のコックたち』深緑野分(東京創元社)
8位:『流』東山彰良(講談社)
9位:『教団X』中村文則(集英社)
10位:『火花』又吉直樹(文藝春秋)



オリコントピックス