• ホーム
  • 芸能
  • サンド・伊達みきお、“政宗”役に挑戦 本家からのクレームが心配?

サンド・伊達みきお、“政宗”役に挑戦 本家からのクレームが心配?

 お笑いコンビ・サンドウィッチマン伊達みきおが、きょう23日放送のテレビ朝日系ドラマ『警視庁・捜査一課長』最終回2時間スペシャルにゲスト出演する。「刑事ドラマには出演したことがありますが、ほとんどがチンピラ役」だったという伊達が、今回、演じるのは、“世が世なら伊達藩の殿様だった”という設定で、名前は安達政宗。「最終回スペシャルなのに僕だけふざけているみたいでよいのかなとも思いますが…」と恐縮しながらも、伊達家の血筋を彷彿とさせる謎の男を熱演した。

【写真】その他の写真を見る


 伊達自身が、伊達氏の分家である大條氏の嫡流の子孫。独眼竜で知られる第17代伊達家当主・伊達政宗から遡ること200年、9代目当主の伊達大夫政宗の弟、伊達宗行の子孫に当たり、“伊達政宗につながる家系”といわれている。

 「今回は事件の鍵を握る役で、ものすごくうれしい。必死に台本を読んで練習してきました!」と、緊張の面持ちで撮影に参加。「特に、“世が世なら”というせりふがなかなか言いづらくて」と、現場に入ってからも何度も繰り返し練習して本番に臨み、そのかいあって、NGもなく無事、撮影を終えると、「とにかく伊達家の本家からクレームが来ないことを祈っています」とホッとした表情を見せていた。

 俳優の内藤剛志演じる大岩純一捜査一課長が、重責を乗り越えながら難事件を解決していく刑事ドラマとして『土曜ワイド劇場』で誕生し、今期初めて連続ドラマとして放送された。内藤は「この『捜査一課長』をこれで終わりにはしたくない、皆さんとぜひまたお会いしたいという思いがあるので、僕は泣きません! 来年は62歳になりますが、まだまだ負ける気はありません! さらなる力をつけてきますので、ぜひまたお会いしましょう!」と、力強く“続編希望”を宣言していた。

 最終回は、週刊誌の女性記者が拉致され、死体となって発見された事件から始まる。第一発見者は同僚の記者・坪井聡美(清水美沙)。彼女と大岩一課長は顔見知りだった。実は、20年前、当時、捜査一課の係長だった大岩は、聡美につきまとっていたストーカー男を母・光代(ジュディ・オング)が刺殺した事件を担当していた。今回の事件と、20年前のストーカー殺人に接点が? 捜査が難航する中、20年前の事件に新たな疑惑が浮上。大岩は、自らの刑事人生最後の事件になる事を覚悟して、真実を追いかけるが、そんな大岩の前に謎の画商・安達政宗が現れる。



関連写真

  • 6月23日放送、テレビ朝日系『警視庁・捜査一課長』最終回2時間スペシャルにサンドウィッチマン・伊達みきお(左)がゲスト出演(C)テレビ朝日
  • チンピラっぽく見えるけど画商です(C)テレビ朝日
  • 「この『捜査一課長』をこれで終わりにはしたくない」と内藤剛志(中央)はシリーズ化に意欲を見せていた(C)テレビ朝日
  • 6月23日放送、テレビ朝日系『警視庁・捜査一課長』最終回2時間スペシャルにサンドウィッチマン・伊達みきお(左)がゲスト出演(C)テレビ朝日
  • 6月23日放送、テレビ朝日系『警視庁・捜査一課長』最終回2時間スペシャルにサンドウィッチマン・伊達みきお(左)がゲスト出演(C)テレビ朝日
  • 6月23日放送、テレビ朝日系『警視庁・捜査一課長』最終回2時間スペシャルより。主演の内藤剛志(C)テレビ朝日
  • 6月23日放送、テレビ朝日系『警視庁・捜査一課長』最終回2時間スペシャルより。ゲストのジュディ・オング(C)テレビ朝日
  • 6月23日放送、テレビ朝日系『警視庁・捜査一課長』最終回2時間スペシャルより。ゲストのジュディ・オング(C)テレビ朝日

オリコントピックス