• ホーム
  • 音楽
  • KANA-BOON、中井貴一主演映画主題歌 谷口鮪「未来を切り開く楽曲」

KANA-BOON、中井貴一主演映画主題歌 谷口鮪「未来を切り開く楽曲」

 ロックバンド・KANA-BOONの新曲「Wake up」が、中井貴一主演映画『グッドモーニングショー』(10月8日公開)の主題歌に決定した。KANA-BOONが実写映画の主題歌を担当するのは初となる。

 『踊る大捜査線』シリーズの脚本を務めた君塚良一氏が監督を務める映画は、朝の情報番組“ワイドショー”が舞台。中井が演じる落ち目のキャスターが陥る、災難だらけの1日を描いた抱腹絶倒のストーリーが展開される。

 君塚監督はKANA-BOONに主題歌をオファーした理由について「テレビキャスターのとんでもない一日を描いたこの映画に、彼らの闘争的なメロディーと独特な声の色が必須でした」と説明。「完成した主題歌は、作品をより深く強く包んでくれました」と太鼓判を押す。

 新曲を書き下ろしたボーカル兼ギターの谷口鮪は「今作『Wake up』は、また新たな自分たちの未来を切り開く、フレッシュで力強い楽曲です。劇中に出てくる言葉や情熱が、ミュージシャンとしての自分の想いとも重なり、映画とも心が通った曲となりました」と手応えをにじませ、「より多くの方に、この映画の面白さ、そして僕たちの楽曲に込めたメッセージが届くことを願っております!」と期待を寄せた。

 KANA-BOONは現在、全国ツアー『KANA-BOONの格付けされるバンドマンツアー 2016』を開催中。初の海外公演(香港、台湾)を含む全16ヶ所21公演で自身最大規模の5万人を動員予定。



関連写真

  • 中井貴一主演映画主題歌が決まり喜ぶKANA-BOON
  • 中井貴一がキャスターを演じる『グッドモーニングショー』(10月8日公開)(C)2016 フジテレビジョン 東宝

オリコントピックス