• ホーム
  • 芸能
  • こじはる、卒業発表の理由明かす「2年前から決めていた」

こじはる、卒業発表の理由明かす「2年前から決めていた」

 18日に行われた『第8回AKB48選抜総選挙』でグループからの卒業を発表した小嶋陽菜(28)が22日、レギュラーを務める日本テレビ系『PON!』(月〜木 前10:25)に出演。卒業発表について「2年前から決めていた」と明かした。
 
 総選挙後最初のレギュラー出演となったこの日、番組では小嶋の卒業について街頭インタビューを実施。街角のファンから「AKBじゃなくなるのかと思うと悲しい」「やっぱり卒業しません、と言ってほしかった」など声が上がる中、VTRを見た小嶋は「卒業するんだなと今実感しました」と相変わらずのおとぼけ発言。

 改めて卒業の理由について問われると「2年前から決めていた」と告白。「その当時は握手会での事件などもありできなかった。28歳になって次のステップに進みたい、大人の女性になりたいと思ったので」と笑顔で明かした。

 それを聞いたMCの岡田圭右は「AKBでこじはるみたいなタイプはもう出てこない」と小嶋の存在感を称賛。「ずっとAKBにいてもいいんじゃないの? 気分が向いたら参加するみたいなスタンスでも許されるのでは」と卒業を惜しんでいた。



オリコントピックス