• ホーム
  • 芸能
  • ポリゴン・ピクチュアズ、『Lost in Oz』アニメーション制作を担当

ポリゴン・ピクチュアズ、『Lost in Oz』アニメーション制作を担当

 『シドニアの騎士』(静野孔文監督)、『山賊の娘ローニャ』(宮崎吾朗監督)、『亜人』(瀬下寛之総監督、安藤裕章監督)などを手がけたアニメーション制作会社、ポリゴン・ピクチュアズが、Amazonがプライム会員向けに提供している映像配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」で世界に配信される新しいオリジナルシリーズ『Lost in Oz』のアニメーション制作を担当することになった(配信日は後日発表予定)。

 同シリーズは、低年齢層向けのアクションアドベンチャーコメディー。米国の児童文学作家ライマン・フランク・ボームの不朽の名作『オズの魔法使い』が、フルCGアニメーションで現代によみがえり、新しいオズの物語を描いていく。

 現代的な大都会エメラルド・シティに迷い込んでしまった12歳の少女ドロシー・ゲイルは、暗い誘惑に取りつかれた魔女の卵ウェスト、巨大なマンチキン(小人族)のオージョーと出会い、ドロシーの飼い犬トトも合わせた奇妙な一行は、カンザスに帰るための魔法を探す壮大な旅をともにする。しかし、ドロシーをはじめ、オズの住民すべてが大きな問題に直面していて、一筋縄ではいかないストーリーが展開される。

 2014年に設立された映画、テレビの制作会社「Bureau of Magic」のマーク・ワルショウ、ダリン・マーク、ジャレド・マーク、そしてアブラム・マコウカの制作総指揮陣により企画、制作されるもので、デザインは『Under Siege』、『Project Spark』などを手がけた「Flaunt Productions」、音楽は『ザ・ペンギンズ from マダガスカル』のアダム・ベリー、テーマ音楽は『LEGO(R)ムービー』のマーク・マザーズボウが担当する。



オリコントピックス