加藤紗里、今度はプロレス参戦!?「ビンタやってみたい!」

 タレントの加藤紗里が21日、超戦闘プロレスFMWの後楽園ホール大会に来場。本部席横の特別席に座った加藤は、試合開始前に「きょうはFMWさんから招待されて、遊びに来ました。きのう写真集を発売したので、そちらの方もよろしくお願いします」と堂々とあいさつした。

【写真】その他の写真を見る


 プロレス観戦は初だという加藤は、関係者からの説明を受けながら、タッグマッチやダンプ松本選手の有刺鉄線マッチなど数試合を観戦。合間の休憩時間には、多くの観客が加藤のもとに詰めかけ、急きょ“握手会”と“写真撮影会”が実施された。

 観戦後には、「今まで、プロレスはスポーツっていうイメージが強かったんですけど、“コスプレ”の競技なんだなと思いました。紗里もビンタだけやってみたい」と不敵な笑み。印象に残ったレスラーには「何か“極悪”ってシャツに書いてある人です」とダンプの名前を挙げ、「紗里がリーダーでいいなら(ダンプ率いる)極悪同盟に入ってもいいよ」と恐れ知らずの“仰天プラン”も飛び出した。

 本格的なリングデビューにも期待が高まるが、「ギザギザ(有刺鉄線)は嫌だけど、普通のリングならいいかな」とまんざらでもない様子。芸人との浮名を暴露、写真集発売、そしてプロレス参戦となると、ますます“売名”とのレッテルが貼られることは必至だが「いいよ!何か『売名じゃないか』って言われるのは、飽きちゃった」とケロリと言ってのけた。

 同団体の看板レスラー・大仁田厚選手の印象について聞かれると、「芸能リポーターの方ですよね?」とまさかの珍回答。「(試合に向けて)体づくりはやらなーい。努力とか嫌だ!でも、きょうはすごく楽しかったので、また呼んでください」と最後まで“サリー流”を貫き、さっそうと会場をあとにしていた。



関連写真

  • プロレス参戦に意欲をみせた加藤紗里 (C)ORICON NewS inc.
  • 食い入るようにリングを見つめていた (C)ORICON NewS inc.
  • 加藤紗里 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス