• ホーム
  • 芸能
  • 東国原氏、都知事選出馬を再否定 出演舞台を優先「約束を破るということになる」

東国原氏、都知事選出馬を再否定 出演舞台を優先「約束を破るということになる」

 元宮崎県知事でタレントの東国原英夫氏(58)が20日、都内で行われたアイドルユニット・秋葉仮面のテーマ曲発表記者会見に出席。都知事選(7月14日告示、同31日投開票)への出馬について「本当に出ないです」と再否定した。

【写真】その他の写真を見る


 これまでも東国原氏は「たたけばホコリが出る」と出馬を否定していたが、きょう改めて「本当に出ないです」と否定。7月1日から出演する舞台のけいこ、同23日に初日を迎えることを強調し、「舞台やりながら街頭演説とか大変じゃないですか。舞台関係者とも話をして、この時期のドタキャンは厳しいと言われた。約束を破るということになりますから」と理由を説明した。

 出馬要請については「ノーコメントですが、あると考えていただいて結構です。多方面から(あった)」といい、自身は「政治と金はきちっとしてきたと胸を張って言える。ただ、それ以外。特に異性関係」と苦笑し、「自分で身体検査しているとないけれど、第3者の目で見られたら、たたけばホコリが出る可能性はゼロじゃない」と話した。

 記者会見では18、19歳の新有権者を応援するアイドルユニット・秋葉仮面がテーマ曲「選挙行こうぜ!」を披露。今年3月に東京大学を卒業したリーダーの桜雪、メンバーの山下ゆあ、涼邑芹、陽向こはると対面した東国原氏は、アイドルとの共演に「複雑な気持ち」と動揺しつつ、会場の盛り上がりを見て「こういう熱気が若い人たちに『選挙へ行こう』とメッセージとして伝わればいい」と期待していた。




関連写真

  • 都知事選出馬を再否定した東国原英夫氏 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)涼邑芹、桜雪、東国原英夫氏、山下ゆあ、陽向こはる (C)ORICON NewS inc.
  • テーマ曲「選挙行こうぜ!」を披露した秋葉仮面 (C)ORICON NewS inc.
  • 仮面をかぶった東国原英夫氏=アイドルユニット・秋葉仮面のテーマ曲発表記者会見 (C)ORICON NewS inc.
  • アイドルユニット・秋葉仮面のテーマ曲発表記者会見に出席した(左から)涼邑芹、桜雪、東国原英夫氏、山下ゆあ、陽向こはる (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス