• ホーム
  • 映画
  • 藤山直美、『上海国際映画祭』で日本人初の最優秀女優賞

藤山直美、『上海国際映画祭』で日本人初の最優秀女優賞

 中国・上海で開かれていた『第19回上海国際映画祭』(11〜19日)の授賞式が現地時間19日、行われ、コンペティション部門出品作『団地』(公開中)に主演した藤山直美が最優秀女優賞を受賞した。同賞を日本人が受賞するのは初めて。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、実在した女性逃亡犯を描いた『顔』の藤山と阪本順治監督が、約16年ぶりにタッグを組んだ異色ドラマ。とある団地に引っ越してきたいわくありげな夫婦と、彼らが抱える秘密を暴こうとする住人たちが騒動を巻き起こす。

 藤山の代理として賞を受け取った阪本監督は「今日は本人が来られなかったんですが、僕が監督デビューしてから28年目、本作は映画人生の中で最も実験した作品です。藤山さんがいたからトライできた作品で、藤山さんに感謝します」とたたえた。

 藤山は「久しぶりの映画で、阪本監督の演出に従った結果、賞をいただいたわけですから、この賞は監督の手腕によるところが大きいと思っています。阪本監督が喜んでくださるなら、私もとてもうれしく思います。そして共演者の皆さまの存在も大きかったです。共演者の皆さまにも心から感謝申し上げます」とコメントを寄せている。



関連写真

  • 『第19回上海国際映画祭』で最優秀女優賞を受賞した藤山直美(写真は5月に行われた映画『団地』完成報告会見より) (C)ORICON NewS inc.
  • 『第19回上海国際映画祭』に出席した阪本順治監督(左) (C)2016「団地」製作委員会
  • 『第19回上海国際映画祭』に出席した阪本順治監督(中央) (C)2016「団地」製作委員会
  • 映画『団地』メイン写真 (C)2016「団地」製作委員会

オリコントピックス