• ホーム
  • 音楽
  • SMAP・中居&安住アナ、6年連続『音楽の日』司会

SMAP・中居&安住アナ、6年連続『音楽の日』司会

 人気グループ・SMAP中居正広が7月16日に放送されるTBS系大型プロジェクト番組『音楽の日』(後2:00〜翌前5:00)で安住紳一郎アナウンサーとともに6年連続、司会を務めることがわかった。計12時間の生放送で送る音楽特番となっており、今年のテーマは『繋ぐ』。中居は「気持ちを繋ぐこと、手を繋ぐこと、繋ぐものは多々あると思いますが、目に見えないつなぎも意識しながら進行させて頂き、来てくださるアーティストの皆さまが歌いやすい環境づくりに務めたいと思います」と意気込んでいる。

 2011年3月に発生した東日本大震災を受け「音楽・歌の力を結集して、日本中に元気を届けよう!」というコンセプトでスタートした同番組。6回目を迎える今回はジャンル・世代を超えた日本を代表するトップアーティストが集結。一夜限定ユニットや、TV初パフォーマンスのアーティストなど様々なアーティストが出演予定で、熊本と東北3県を繋ぐ中継メドレーなどで音楽の素晴らしさを伝えていく。

 中居は、1996年スタートの『うたばん』から、約20年にわたり多くの音楽番組で司会を担当。司会者としてアーティストの個性、楽曲の魅力を引き出す話術で、音楽番組のMCとしての地位を確立した。現在放送中の『Momm!!』(毎週月曜 深夜0:10)でもMCを務めている。一方安住は、年末の『輝く!日本レコード大賞』を2001年から11年連続で司会補佐を務め、12年からは4年連続で総合司会。08年より『あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル』でもナビゲーター役を任されており、今年も2人が強力タッグで番組を盛り上げていく。


■中居正広コメント
東日本大震災をうけて始まった『音楽の日』も今回で6回目を迎えます。
音楽の力・歌の力というのは計り知れない大きなエネルギー、力を持っているような気がします。
今回は4月に熊本で地震が発生し、また改めて「できる事」は何かということを考えさせられることがあります。まだ元の生活に戻れてない方々もいらっしゃることも伺っております。
少しでも東日本が、熊本が、そして日本が音楽・歌の力で元気になって頂ければと思います。
今回のテーマは『繋ぐ』です。気持ちを繋ぐこと、手を繋ぐこと、繋ぐものは多々あると思いますが、目に見えない繋ぎも意識しながら進行させて頂き、来てくださるアーティストの皆さまが
歌いやすい環境づくりに務めたいと思います。

■安住紳一郎アナウンサーコメント
今年で6年目を迎える『音楽の日』。
タイトルをまさに地でいく、12時間音楽づけの1日になります。音楽って素晴らしいと改めて思える賑やかな演出もあるようです。
昼、夜、深夜と音楽の魅せる表情の変化にもご注目下さい。



オリコントピックス