• ホーム
  • 芸能
  • TOKIO・長瀬智也、自宅の作業部屋を初公開 “知られざる努力と苦悩”に関ジャニ∞も感動

TOKIO・長瀬智也、自宅の作業部屋を初公開 “知られざる努力と苦悩”に関ジャニ∞も感動

 きょう19日に放送されるテレビ朝日系『関ジャム 完全燃SHOW』(毎週日曜 後11:15、※一部地域を除く)に、TOKIO長瀬智也が初出演する。TOKIOのメンバーも来たことがないという自宅の作業部屋を写真で初公開。「長瀬智也、徹底解剖」をテーマに、長瀬のド天然伝説をはじめ、音楽活動における秘話やクリエイターとしての意外な一面をひも解いていく。

 秘密の作業部屋では「(TOKIOのDVD)特典のメイキングもオフライン(=仮編集した素材)まで作ったりする」そうで、関ジャニ∞に楽曲提供した「ドヤ顔人生」もここで誕生したという。「この部屋でいろいろ苦しんできた」と語る長瀬。次々と飛び出すストイックなエピソードに、関ジャニ∞も感動しきり。

 長瀬が作詞・作曲・編曲を手掛けたTOKIOの46thシングル「リリック」の制作秘話も明かされる。同曲は長瀬の主演ドラマの主題歌にもなり、コブクロ小渕健太郎が「バスーンと衝撃を受けた」と証言するほどの名曲。完成までの道のりは一筋縄ではいかず、来る日も来る日も「ドラマ撮影の終了後に睡眠時間を削って、試行錯誤を繰り返していた」という。番組では「リリック」の完成版と、これまで世に出ることのなかった2つの試作品の聴き比べも実施する。

 親友の堂本光一KinKi Kids)が、長瀬の仰天ド天然エピソードを暴露するVTRもオンエア。「グリーン車に乗っている時に『やっぱ速いっすね』と言った!?」、「マシュマロのことをずっと“マショマロ”だと思っていた!?」、「ハブとヘビが混ざって“ハビ”と言った!?」など、世間でまことしやかにささやかれているハイレベルな天然伝説の真相も明らかになる。

 さらに、長瀬と関ジャニ∞のメンバー全員が数年ぶりにジャムセッションを展開。ファン200人の前で、「言ったじゃないか」を披露する。途中に挟まれるせりふには長瀬バージョンも追加。演奏後、長瀬は「一人一人のスキルも以前とは全然違っていて、成長を感じたし、すごく刺激になった」と充実した表情で話していた。

 ゲストとして、映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(宮藤官九郎監督、6月25日公開)で長瀬と共演した俳優・桐谷健太も出演する。

■関ジャニ∞メンバーのコメント

【横山裕】自分たちの番組に長瀬くんが来てくれるなんて、単純にうれしかったです。ジャムセッションももちろんですけど、トークコーナーもすごく面白かったです。「長瀬くんって、やっぱ面白いんやな!」と、改めて思いました。中でも“無人島に一つ持っていきたいもの”として挙げたアイテムが、僕らじゃ考えつかないくらい、スケールが大きすぎて…! 驚きを超えて感動しましたね(笑)。「さすがや!」と思いました。

【渋谷すばる】いつもは関ジャニ∞7人で演奏している曲「言ったじゃないか」が、長瀬くんを迎えたことで、スペシャルで豪華な感じになりましたし、すごく楽しかったです。また、いろんなお話を聞きながら「長瀬くんは穏やかで平和な人柄やなぁ」と思いました。古田新太さんや桐谷健太さんが「好き」と言う気持ちが分かった気がして、「僕もそういう人間になりたいな。頑張ろう!」と思いました。音楽面でも、一人の人間としても、すごく力をもらいました!

【村上信五】僕は長瀬さんと先日も別現場でご一緒させていただいたんですけど、その時と違って今回は音楽に特化した話をたくさん聞かせていただけたので、「僕だけ二度、得したな」と思いました(笑)。特に印象に残ったのは、ジャムセッション収録前に裏で話してくれた城島(茂)リーダーの小話(笑)。ちょっとオンエアはできない内容なんですけど(笑)、その小話で僕らの緊張を解きほぐして、いい空気を作ってくださったので、ありがたかったです。

【丸山隆平】長瀬くんとは「リリック」が主題歌のドラマで共演させていただきましたが、まさか寝ずに楽曲制作をして撮影現場に来ていたなんて…! 現場ではそんな素振りもなかったんです。苦労を見せずに現場に立つことの大事さを感じましたし、「僕も寝ずに頑張るくらい何かに熱を注げるようになりたい」と思いました。セッションは緊張もしましたけど、リハーサルの時点からとても楽しくて! 本番でもリハーサルとはまた違うテンション、本番一発でしか出ないテンションが出たんじゃないかなって思います。

【安田章大】長瀬さんの言葉はものすごく真っ直ぐで、スッと心に入ってくるんです。どの言葉も“心に訴えかけられているような言葉”に感じました! お話を聞いていて、とても心地よかったです。「長瀬くんはグループ内の士気を高めてくれる人なんだな」と、改めて思いました。ジャムセッションも長瀬くんのおかげで心が高揚して、すごくテンションが上がったんですよ。一緒にやらせていただいて「本当によかったな〜!!」と思いました。

【錦戸亮】長瀬くんは僕ら後輩にも、その時々の気持ちを分かりやすく率直に教えてくれるんですよ。今日聞かせていただいた話はどれも「僕らにとっても財産になるな」と思いましたし、これから先もずっと覚えておきたいです。また、自分たちの曲を長瀬くんに一緒に演奏してもらうというのも貴重な機会! 「可能であれば、またすぐにでも『関ジャム』に来てほしいな」と思いました。もし実現したら、次はTOKIOの曲でジャムセッションをしてみたいです。

【大倉忠義】僕は数年おきに長瀬くんや国分太一くんとセッションをやらせていただく機会があったんですけど、そのたびに成長を見ていただけたので、今日もすごく楽しみにしてたんです。トークでは、長瀬くんの“楽曲制作の裏側”が特に印象的でした。「リリック」が作られた裏側に、あんなにもすごい苦悩があったとは知りませんでしたし、話に聞き入ってしまいました。僕自身、これからの聴き方が変わってくると思います。

オリコントピックス