• ホーム
  • 芸能
  • 『昼のセント酒』最終回に“ハンコ王子のロマ君”登場

『昼のセント酒』最終回に“ハンコ王子のロマ君”登場

 TEAM NACS戸次重幸扮するサラリーマンの内海孝之が、「申し訳ない」と言いながら昼間から銭湯に入り、風呂あがりの一杯に興じる、テレビ東京系で放送中の『土曜ドラマ24「昼のセント酒」』(毎週土曜 深0:20)。最終回(25日)に同局のバラエティー番組『YOUは何しに日本へ?』をきっかけに「ハンコ王子のロマ君」と話題のフランス出身のモデル、ロマ・トニオロが出演することが18日、明らかになった。

 最終回は、東京・浅草にある都内屈指の老舗銭湯で、観光客にも人気の蛇骨湯が舞台。常連外国人客として出演するロマ君は「裸でドラマに出るのはもちろん初体験」。日本語のせりふにも挑戦し、「かなり難しかったです。戸次さんが一緒にせりふの練習をしてくれたりして、頑張って覚えました。とても楽しいし日本語も勉強できたので、これからもどんどん挑戦していきたいです」と俳優業にも意欲を見せた。

 「銭湯のドラマに出られてとても面白かったです。蛇骨湯は天然温泉で、大きな富士山もあって緑もいっぱいあって駅近くでとてもすごい銭湯でした。中でも銭湯に鯉がいたのはびっくりしました。フランスでは伝統文化を紹介するこういうドラマはなくて、日本のドラマでこういうのを紹介する番組があるのは素晴らしいことだと思いました」と話していた。

 最終回は、内海が営業で訪れる浅草の和菓子屋の店主として小倉一郎、蛇骨湯の常連客として玉袋筋太郎もゲスト出演する。



関連写真

  • 戸次重幸(右)主演のテレビ東京系『昼のセント酒』最終回(6月25日放送)にハンコ王子のロマ君がゲスト出演(C)テレビ東京
  • 最終回(6月25日放送)にゲスト出演する小倉一郎(C)テレビ東京
  • 最終回(6月25日放送)にゲスト出演する玉袋筋太郎(C)テレビ東京

オリコントピックス