• ホーム
  • 芸能
  • 原田知世&斎藤工 北川悦吏子脚本の恋愛ドラマで共演

原田知世&斎藤工 北川悦吏子脚本の恋愛ドラマで共演

 女優の原田知世と俳優の斎藤工がNHK総合の連続ドラマ枠ドラマ10の新作『運命に、似た恋』(9月23日スタート、毎週金曜 後10:00、全8回)で共演。『愛していると言ってくれ』『ビューティフルライフ』(ともにTBS)、『ロングバケーション』(フジ)などの脚本を手がけ、女性たちから“恋愛の神様”と呼ばれた脚本家の北川悦吏子氏が、同局のドラマを初執筆する。

【写真】その他の写真を見る


 まるで境遇の違うふたりが出会って恋に落ち、幼いころ再会を誓った“運命の人”だったのではないかと心ときめかせる大人の純愛と、宿命と、救済の物語。

 主人公のカスミ(原田)は離婚歴があり、高校生の息子と2人暮らし。富裕層向けの配達クリーニング店で懸命に働き、何とか生計を立てていた。ある日、カスミは配達先で、ユーリ(斎藤)というデザイナーの男に出会う。カフェの内装から家具、小物に至るまで、あらゆるもののデザインに挑戦し、その世界で若手No.1と目される存在。彼は、なぜかカスミに馴れ馴れしく、ちょっかいをかけてくる。カスミは当初は警戒するが、やがて、彼が根は純粋な人物であることを知り、ひかれてゆく。

 しかしユーリには、いろいろと謎めいた部分があった。彼はすでにマホ(小西真奈美)という女性と関係を持っていたし、師匠である世界的デザイナー・深見ヨシタカ(奥田瑛二)に対しては、なぜか絶対服従だった。

 ある日カスミは、ユーリが自分にとっての“運命の人”だったのでは、と気づく。それは、カスミが今も心のよりどころにしている、大切な記憶に関わることだった。それぞれに“何か”を抱えた女たち、男たちの切実な想いが交錯し、本当の“運命”へと突き進んでいく。

 北川氏は「第6回を書いているいま現在、お風呂から上がったところで涙がこぼれた。バラバラと。ドラマの登場人物たち。みな、いたいけ、か、痛いか、どっちかだ。あからさまに、幸せな人は、ひとりもいない。そんな彼、彼女らの苦しみや悲しみに、心を持ってかれたか、お風呂上がりに、涙が。ダラダラと。久しぶりの長いドラマです」とコメントを寄せている。



関連写真

  • NHKのドラマ『運命に、似た恋』(9月23日スタート)で共演する原田知世と斎藤工
  • NHKのドラマ初執筆。脚本家の北川悦吏子氏(撮影:引地信彦)
  • NHKのドラマ『運命に、似た恋』(9月23日スタート)に出演する原田知世
  • NHKのドラマ『運命に、似た恋』(9月23日スタート)に出演する斎藤工(C)大川晋児

オリコントピックス