• ホーム
  • 音楽
  • 知英、桐谷美玲主演“月9”主題歌を担当「うれしすぎて信じられません」

知英、桐谷美玲主演“月9”主題歌を担当「うれしすぎて信じられません」

 元KARAの知英がアーティスト名義“JY”で7月11日スタートの桐谷美玲主演フジテレビ系『好きな人がいること』(毎週月曜 後9:00※初回15分拡大)の主題歌を担当することが17日、わかった。曲名はドラマタイトル同様「好きな人がいること」で、今回は作詞にも挑戦し、友情から恋愛に発展していく、かわいらしい乙女心を軽快なギターの音色と、楽しげなメロディーでアップテンポに歌い上げている。知英は“月9”起用に「本当に驚いていますし、うれしすぎて信じられませんでした」と喜びを表している。

【写真】その他の写真を見る


 今回のMVでは、写真家・蜷川実花氏が監督を務め、蜷川氏プロデュースのチャペル、海、ショッピングモールなど全7シチュエーション・6パターンの衣装で撮影。「蜷川さんの世界に参加することができたこと、とても光栄です。雑誌では何度かご一緒させていただいたことはありましたが、ムービーのお仕事は初めてだったので、どんな風に撮影されるのかとワクワクしながら撮影に臨みました」と満喫した様子で振り返った。

 知英が自身の体験に基いて書き下ろしたという、恋愛、仕事、人生に対して、失敗を繰り返しながら、何度も何度もやり直せばいいよね、という前向きな応援ソング。「何度も何度も考えては書き直しましたが、曲を聞いた方々が、好きな人や大切な人のことを思い出せる曲になればいいなと思いながら言葉を選びました」と渾身の一曲に胸を張った。

 同ドラマはパティシエを目指す主人公・櫻井美咲(桐谷)が、柴崎夏向(山ア賢人)、千秋(三浦翔平)、冬真(野村周平)らイケメン三兄弟とシェアハウスしながら、恋模様を展開するロマンチック・ラブコメディー。



関連写真

  • 7月11日スタートの月9ドラマ『好きな人がいること』で主題歌を担当する“JY”こと知英(左)とMV監督を務めた蜷川実花
  • 7月11日スタートの月9ドラマ『好きな人がいること』に出演する(左から)野村周平、山崎賢人、桐谷美玲、三浦涼介

オリコントピックス