• ホーム
  • 芸能
  • 妻夫木聡、初の父親役 『キッドナップ・ツアー』ドラマ化

妻夫木聡、初の父親役 『キッドナップ・ツアー』ドラマ化

 俳優の妻夫木聡が、NHK総合で放送されるドラマ『キッドナップ・ツアー』(8月2日 後7:30〜8:43)に主演し、初めての父親役に挑戦することがわかった。

 人気作家・角田光代氏の小説をドラマ化。ある夏、ひとりの女の子と、離れて暮らす父親が、奇妙でハラハラどきどきの“旅”をする。そこでさまざまな人に出会い、思わぬ経験をし、それまで気づかなかったお互いのことを知り成長していく物語をコミカルに、そして真摯(しんし)に描く。

 夏休みの1日目、父親に“ユウカイ”される小学5年生のハルを演じるのは、子役の豊嶋花。連続テレビ小説『ごちそうさん』ヒロイン・め以子()の幼少期や、同『あまちゃん』天野春子(有村架純小泉今日子)の少女時代などを演じてきた。

 ほかにも、木南晴夏夏帆新井浩文ムロツヨシ満島ひかり八千草薫ほかの出演が決定している。

■あらすじ
 小学5年生のハルを“ユウカイ”したのは、2ヶ月前に家からいなくなったお父さんだった。好きなところに連れて行くという“ユウカイ”に心を躍らせるハル。でも、お父さんはハルを人質にお母さんと何か“取引”をするらしい。その内容をハルは知らされていない。

 お父さんはハルを海や山、いろいろなところに連れて行く。この間にハルは、お母さんとのなれ初めを聞いたり、おんぶをされて何キロも進んだり、お父さんの昔の恋人に会ったりもした。その旅路の中で、これまで知らなかったお父さんの一面を知っていくハル。やがて、お父さんの資金は底を尽いてしまう。果たして、父と娘の旅の結末は…。



関連写真

  • 8月2日放送、NHK『キッドナップ・ツアー』に主演し、初の父親役に挑戦する妻夫木聡
  • 8月2日放送、NHK『キッドナップ・ツアー』でお父さんに“ユウカイ”されてしまう娘ハルを演じる豊嶋花

オリコントピックス