• ホーム
  • スポーツ
  • 男子バレー、東京五輪へのリスタートを“フジ+CS+ネット”で応援

男子バレー、東京五輪へのリスタートを“フジ+CS+ネット”で応援

 キャプテンの清水邦広選手の活躍や、石川祐希選手、柳田将洋選手の台頭で空前のバレーブームの中行われたリオデジャネイロオリンピック世界最終予選で、残念ながら出場権を逃してしまった全日本男子バレー。最終戦では格上フランス相手にストレート勝ちし、次につながる一歩を踏み出した。次とは、2020年の東京オリンピックでのメダル獲得。

 全日本男子は、今月から開催される世界トップチームが参加する世界規模のリーグ戦『FIVBワールドリーグ2016』から新たに始動。1990年にFIVB(国際バレーボール連盟)によって創設され、今大会で27回目の開催となる。日本は、大阪で開催される予選ラウンドでキューバ、フィンランド、韓国と対戦することが決まっている。

 この『FIVBワールドリーグ2016』大阪大会の予選ラウンドを、フジテレビが全日本男子の試合を含め、全試合無料配信することが決定。地上波放送+衛星波放送+インターネットを駆使して、「全日本男子の新たな挑戦を多くの視聴者にお届けする」としている。

 地上波では、大阪大会の日本戦33試合のハイライト番組『男子バレー ワールドリーグ2016 全日本リスタート!』を21日(深3:20〜4:00※関東ローカル)に放送。

 CS「フジテレビNEXT」では、18日(後4:00〜66:55)にキューバ戦を生中継(20日 前9:20〜再放送)。

 番組ホームページでは、17日午後7時ごろからフィンランド戦、18日午後7時ごろからキューバ戦、19日午後7時ごろから韓国戦を配信。配信版は試合会場の臨場感そのままに“会場音のみ”となる。

■そのほかの配信スケジュール
6月17日 午後4時〜 キューバ×韓国【生中継】
6月18日 午後10時〜 フィンランド×韓国
6月19日 午後4時〜 キューバ×フィンランド

■番組ホームページ
http://www.fujitv.co.jp/sports/vabonet/wlg/
※「フジテレビ ワールドリーグ」で検索



タグ

オリコントピックス