• ホーム
  • 音楽
  • 竹中直人、歌番組で松田優作さんの名曲を熱唱

竹中直人、歌番組で松田優作さんの名曲を熱唱

 俳優の竹中直人が、あす17日放送のテレビ東京系『金曜7時のコンサート〜名曲!にっぽんの歌〜スペシャル』(後6:53〜8:50)にゲスト出演。デビュー前から影響を受けたという、俳優の松田優作さんに対する想いを語り、歌手としても活躍した松田さんの「YOKOHAMA HONKY TONK BLUES」を熱唱する。

 トークでは、素人として出演した番組『ぎんざNOW!』(TBS)で第18代のチャンピオンに輝いた昭和52(1977)年にさかのぼり、「たくさんの方々のモノマネをやりましたね。松田優作さんから草刈正雄さん、ブルース・リーさん、丹波哲郎さん、みんな大体僕が初めてやった人です」と懐かしそうに振り返る。そんな思い出深い昭和52年に流行ったヒット曲として、竹中の妻で女優の木之内みどりも歌った「硝子坂」を長山洋子が歌唱。

 そして松田さんとの思い出を「テレビで優作さんが出ているのを初めて見たときに、あの表情というか、体の動き、そしてあの声に圧倒されたんです」と語った。会場に、松田優作さんの代表作の刑事ドラマ『太陽にほえろ!』での殉職のシーン映像が映し出されると、「『何じゃあこりゃ〜』懐かしいですね。テレビで最初に物まねしたのは僕ですよ。『ぎんざNOW!』という番組で、20歳のころに」と、その伝説として語り継がれている殉職シーンを竹中が再現し、観客を沸かせた。

 さらに、この日は松田さんの主演ドラマ『探偵物語』の主題歌「BAD CITY」を歌うSHOGUNが30 数年ぶりにテレビ出演し、同じく人気ドラマ『俺たちは天使だ!』の主題歌「男達のメロディー」と、「BAD CITY」のスペシャルメドレーも披露される。



関連写真

  • 6月17日放送、テレビ東京系『金曜7時のコンサート〜名曲!にっぽんの歌〜スペシャル』で松田優作さんの名曲を熱唱する竹中直人(C)テレビ東京
  • 30数年ぶりにテレビ出演するSHOGUN(C)テレビ東京

オリコントピックス