• ホーム
  • 芸能
  • 解散芸人同士が新コンビ結成 「インディゴ」とパンサー向井が命名

解散芸人同士が新コンビ結成 「インディゴ」とパンサー向井が命名

 お笑いコンビの元トンファー・りゅーじと元バース・近藤裕希が、新たなるコンビ「インディゴ」を結成した。14日、よしもとニュースセンターで発表された。

 りゅーじと近藤はかつて、パンサー向井慧とともにトリオ「ブルースタンダード」として活動(2008年3月に解散)。その後、向井はパンサー、りゅーじはトンファー、近藤はバースを結成し、それぞれの道を歩んだ。

 今回、新コンビ「インディゴ」は向井が命名。りゅーじは「慧さん(パンサー向井)、なるべく早く帰ってきて下さい! 慧さん帰ってくるまでなんとか2人で頑張るので、みなさんよろしくお願いします!」と冗談交え呼びかけ、近藤は7月20日に東京・渋谷のシアターDで行われる初単独イベントに向け「頑張ります! インディゴの始まりを是非目撃しに来て下さい!」と意気込んでいる。

 りゅーじがコンビを組んでいたトンファーは今年3月31日をもって解散。元相方の山西章博は、元タカダ・コーポレーションの大貫さんと結婚し、現在は「夫婦のじかん」として活動。一方、バースは今年2月に解散。当時ブログで近藤は「僕は1人で芸人をやっていくことに決めました」と決意をつづっていた。



オリコントピックス