• ホーム
  • 音楽
  • HARUHIの歌声にファン感涙 『せか猫』主題歌など8曲熱唱

HARUHIの歌声にファン感涙 『せか猫』主題歌など8曲熱唱

 17歳のシンガー・ソングライターHARUHIが11日、都内でデビューシングルの発売記念ライブを開催し、佐藤健主演映画『世界から猫が消えたなら』主題歌に起用されたデビュー曲「ひずみ」(5月発売)など全8曲を熱唱した。

【写真】その他の写真を見る


 赤いショートヘアに真っ白なTシャツ、黒いスキニーパンツで登場したHARUHIは、ジャジーでアダルトな雰囲気の未発表曲「Round & Around」でスタート。2曲目のエモーショナルなロックナンバー「Knocking Down」で会場の熱気は一気に上昇した。

 シングル購入者を対象にしたライブとあり、「このライブに応募する手続きって面倒だったと思うんですけど(笑) 来てくれてありがとうございます!」と初々しくあいさつ。続けて、本人作詞作曲の未発表バラード「Patience」を熱唱し、感情を揺さぶられるような歌声と歌詞に涙する観客の姿も観られた。

 米ロサンゼルス生まれで、日本語よりも英語のほうが得意とあり、英語詞のボーカルも圧巻。バンドメンバーのセッションに続けて披露したデビュー曲「ひずみ」では、徐々にエモーショナルになっていく歌声で観客の感動を誘った。

 鳴りやまない拍手のなか「最後に会場に集まってくださった皆さんだけに贈ります」とサプライズで新曲を披露し、観客を喜ばせていた。

■HARUHI プレミアムライブ
1. Round & Around
2. Knocking Down
3. Patience
4. あたたかい光
5. The Lion is Calling Me
6. Empty Motion
7. ひずみ
8. 新曲

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • デビューシングル発売記念ライブを開催したHARUHI
  • 全8曲を熱唱
  • エモーショナルな歌声で観客を魅了
  • 5月にデビューした17歳のシンガー・ソングライターHARUHI
  • HARUHIデビューシングル「ひずみ」初回限定盤
  • HARUHIデビューシングル「ひずみ」通常盤

オリコントピックス