• ホーム
  • 音楽
  • globeマーク・パンサー率いるEDO、PS4新作ゲームに楽曲提供

globeマーク・パンサー率いるEDO、PS4新作ゲームに楽曲提供

 globeマーク・パンサー率いるユニット「EDO」(イー・ディー・オー)が、PlayStation 4(PS4)向けに全世界リリースされる新作ゲーム『LET IT DIE』に新曲2曲を提供することがきょう15日(日本時間)、米ロサンゼルスで開催中のゲームショー『E3 2016』で発表された。

【写真】その他の写真を見る


 同ゲームのリリースは、LINKIN PARK・ボーカルのチェスター・ベニントンらが出演したライブイベントで発表され、『パズル&ドラゴン』のガンホーが初のPS4向けタイトルとして製作を手がける。EDOはゲームのBGMとして1曲を提供するほか、ボス戦闘シーンにもEDO feat. TENBIとして楽曲を提供している。

 また、OUTRAGE、音速ライン、AURAL VAMPIRE、GARI、Crisis Slaveなど100組を超える日本のアーティストが同ゲームに楽曲参加することも発表された。ゲームプロデューサーのAKIRA YAMAOKA氏は「『LET IT DIE』には100組を超えるアーティストが楽曲を提供してくれています。ビデオゲームというプラットフォームをもって、これら音楽が世界に広がり、更に新しいエンターテイメントの価値が生まれると信じています」と期待を寄せた。

 EDOは今年1月にglobeのマーク・パンサーを中心に結成。日本の伝統音楽・文化・芸能を、世界中で巨大ムーブメントとなっているEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)と組み合わせ『和製EDM』として発信することをコンセプトに活動している。5月に日本初上陸した米国最大のランフェス『Night Nation Run』ではEXILEのHIRO率いるPKCZなどと初パフォーマンスを披露。3000人を超えるオーディエンスを沸かせた。



関連写真

  • 新作ゲーム『LET IT DIE』に楽曲提供するEDO(左から)ダイチ・ヨコタ、マーク・パンサー、クラウディオ
  • ボス戦闘シーンに「EDO feat. TENBI」として楽曲を提供しているTENBI
  • 新作ゲーム『LET IT DIE』
  • 新作ゲーム『LET IT DIE』オープニングスクリーン
  • 新作ゲーム『LET IT DIE』

オリコントピックス