• ホーム
  • 芸能
  • TBS『7時にあいましょう』が謝罪 藤田ニコルへの「いじめ」表現で誤解

TBS『7時にあいましょう』が謝罪 藤田ニコルへの「いじめ」表現で誤解

 モデルの藤田ニコル(18)が出演した先月30日放送のTBS系『7時にあいましょう』(月曜 午後7:00)で、出演した藤田の元同級生がいじめの加害者であるかのような誤解を与える表現があったとして、きのう13日放送の同番組で「お詫び」が放送された。

 番組では藤田が中学時代にモデル活動を始めたことで、合唱祭の集合写真に画びょうを刺されたり土下座を強要されるなど、先輩や同級生からいじめを受けていた様子を再現ドラマで放送。そうしたいじめから救ってくれた当時の担任教師と藤田が対面を果たすという内容だった。担任と対面した藤田のもとには当時のクラスメイトだった女性6名もサプライズで登場し、藤田が彼女らと「仲直りをした」などとナレーションが入った。

 これらの内容について番組側は、出演した元同級生がいじめの加害者ととられかねない表現だったとして「5月30日放送の藤田ニコルさんに関する企画の中で中学時代の仲が良かったクラスメイト6名が出演しましたが、この元同級生たちが藤田さんをいじめていた加害者ではありません。誤解を与える表現がありました」ときのう13日放送の番組エンディングでテロップを掲示。「視聴者の皆さま、ご出演いただいた同級生、保護者、関係者の皆さまにお詫び申し上げます」と謝罪した。



オリコントピックス