• ホーム
  • 映画
  • キスマイ玉森裕太、声優初挑戦「たくさん吸収したい」

キスマイ玉森裕太、声優初挑戦「たくさん吸収したい」

 人気グループ・Kis-My-Ft2玉森裕太が、映画『キング・オブ・エジプト』(9月9日公開)で主人公の日本語吹き替え版声優を務めることが13日、わかった。恋人役には永野芽郁が決定し、ともに声優は初挑戦となる。

 物語の舞台は、古代エジプト。神と人間が共存する世界で王座をかけたバトルが勃発し、奪われた恋人・ザヤを救うために盗賊の青年ベックが立ち上がる。巨大ピラミッドの迷宮、スフィンクスの謎かけや仕掛けだらけの神殿など次々と押し寄せる試練に立ち向かいながら、“神の眼”を盗み出しエジプトの天下取りを目指す。

 監督は、『アイ、ロボット』のアレックス・プロヤス氏。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作でジョニー・デップの相棒としてのキャスティングが決定し、『マレフィセント』の王子役として知られるブレントン・スウェイツがベックを演じ、ザヤは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に出演したコートニー・イートンが演じる。

 ベックは、エジプトの神々に翻弄されながらも、持ち前の明るさと、お調子者でひょうきんなキャラクターでどんどん仲間を増やし、奪われた恋人のため、さまざまな困難に立ち向かう。

 玉森は「古代エジプトのお話と現代の映像技術が融合した、新しく想像を超えた作品なので、今からアフレコをすることが楽しみです。ただ、お芝居と違って声だけで表現するのは初めての経験なので、たくさん吸収出来るように頑張っていきたいです」と意気込み。

 健気に、時に勇敢にベックの救いを待ち続けるザヤ役の永野は「本当に私で大丈夫ですか?と驚きました」と正直に打ち明け、「でも作品を観てあのすごい世界観に入れること、ザヤの声を演じられることが今から楽しみです。あんなキレイな方の声を私がですか? セクシーボイスが出せるよう今から練習します(笑)」とコメントを寄せている。

 同作の宣伝プロデューサーによると、ベックのキャスティングには「『逆境にも屈しないポジティブさ』と『周りにもいるかもしれない親しみやすさ』、そして周りを引き寄せる『カリスマ性』」を重視したといい、「玉森さんが映画やドラマで見せる、ある種の王道観や主人公らしさは、この役が持っている資質と非常に近いものがあると思っており、一方で、グループで音楽活動をされている時のチーム内の存在感の大きさや信頼を寄せあっている様は、まさにカリスマ性であると感じました」と期待。

 永野に対しても、心の純粋さを真っ直ぐに届けることができる柔らかな人柄や、バラエティ番組で見せる無邪気さが抜てき理由にあると話し、「吹替え初挑戦ということで、永野さんの新しい一面が映画に新たな魅力を加えてくださるに違いないと考えました」と自信をにじませている。



オリコントピックス