• ホーム
  • 芸能
  • GENKING、連ドラ初出演で「緊張」 “恋愛マスター”役で武井咲に助言

GENKING、連ドラ初出演で「緊張」 “恋愛マスター”役で武井咲に助言

 タレントのGENKINGが7月12日よりスタートする武井咲主演のTBS系連続ドラマ『せいせいするほど愛している』(毎週火曜 後10:00)で連ドラ初出演することが14日、わかった。主人公・栗原未亜(武井)とその親友のあかり(水沢エレナ)、千明(トリンドル玲奈)らが女子会をする行きつけの焼き鳥屋の店長・ナオキ役に起用された。GENKINGは「正直、出演が決まった時はドッキリかと思いました」と驚いている。

 小学館『プチコミック』に連載されていた、北川みゆき氏の同名漫画を実写化。主人公のOL・未亜と、既婚者の副社長・海里(滝沢秀明)との禁断の関係を“せいせいするほど”ひたむきに、純粋に描く恋愛ドラマ。GENKINGが演じるナオキは恋愛マスターとして彼女たちにアドバイスを送る役どころとなっている。

 初日撮影を終え「台本をしっかり覚えて臨みましたが、緊張してしまい失敗の連続で、共演者の方、スタッフの方に迷惑を掛けてしまいました」と反省しきりのGENKINGだが「右も左も分からない初心者ですが、視聴者の皆さまに喜んでもらえるように、全力で頑張りますので見守っていただけたらうれしいです!」と意気込んでいる。

 また、今回海里と仲睦まじげに話す、ミステリアスな美女・小川遥香を、橋本マナミが演じることが発表。海里の最大の秘密を握り、未亜と海里の恋路を阻む重要なキャラクターとなっており、「以前からこういう役をやってみたいと思っていたので、すごくやりがいがあります」と気合十分。

 橋本は「とっても胸がキュンキュンするドラマで、自分が未亜だったら・・・なんて、ついつい妄想してしまいます。皆さんがときめいて、またあした頑張ろうって思えるようなドラマだと思います」と胸を張り、GENKINGは「僕自身も恋愛主義者なので、台本を読みながら共感することばかりで、今後の展開が楽しみで仕方ありません」と胸を踊らせている。



オリコントピックス