• ホーム
  • 芸能
  • 仲良かったはウソ? MAX、グループ内確執、絶縁状態だった過去明かす

仲良かったはウソ? MAX、グループ内確執、絶縁状態だった過去明かす

 27日(後7:00〜9:48)に放送されるテレビ朝日系人気バラエティー番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』3時間スペシャルに、ダンスボーカルユニット・MAXから現在産休中のレイナを除くナナ、ミーナ、リナが出演。“MAX仲良かったのに絶縁しちゃった先生”として、女同士の付き合いがドロドロにならないための授業を行う。

 MAXは沖縄出身のメンバー4人で1995年に結成、今年で21年になる。現役の日本の女性グループで最長の歴史を誇っているが、実は、2002年から08年の6年間、ナナ、リナ、レイナはミーナと絶縁していた事実を明かす。

 確執の原因は、できちゃった婚。女の友情よりも自分の幸せを優先したミーナに対し、裏切られたと感じたナナ、リナ、レイナの3人の怒りはMAXに。ミーナとほかのメンバー間は完全に音信不通となり、解散の危機にあったという。

 授業では、MAXが歩んできた軌跡をたどり、下積み時代から仲良しだったグループがどのように崩壊していったのかをひも解いていく。そして、6年間の絶縁状態から和解に至る再会した日の出来事についても激白する。最後は、“一生友だちでいようね”と約束しあっている女性たちに向けて、自分たちが絶縁関係となったことから学んだ、女性同士の付き合い方についての教訓を語りかける。

 今回は、女優・米倉涼子が、生徒のひとりとして授業に出席。『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜』シリーズで失敗しない女・大門未知子を演じている米倉は、MAXのしくじりっぷりに驚きを隠せない様子だった。



関連写真

  • 6月27日放送、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』3時間スペシャルに出演するMAX(左から)ミーナ、ナナ、リナ(C)テレビ朝日
  • 3人の“先生”が同時に教壇に立つのは、番組初(C)テレビ朝日

オリコントピックス