• ホーム
  • 芸能
  • 猫ひろし、カンボジア1位「リオ本番まで気を抜かず」 『プノンペン国際ハーフマラソン』で優勝

猫ひろし、カンボジア1位「リオ本番まで気を抜かず」 『プノンペン国際ハーフマラソン』で優勝

 リオ五輪の男子マラソン・カンボジア代表選手に決定しているお笑いタレントの猫ひろし(38)が12日、カンボジア首都プノンペンで行れた『2016プノンペン国際ハーフマラソン』で1時間15分25秒を記録し優勝した。

 猫は「目標通り走れたんですけど、後一人になって、ちょっとペースが落ちたのがちょっと残念ですけど、目標設定タイム通りほぼ走れたので満足しています。後半のスピードを上げれるようにして、 臨みたいと思います。ゴール前の直線で、応援が凄くて嬉しかったです。リオ本番まで気を抜かずに頑張ります」とコメントしている。

 猫は、今年2月にカンボジア代表として東京マラソンに出場し、カンボジア人選手として今期最高タイム(2時間34分)を記録。さらに5月に国内で行われた代表選考大会に出場し優勝するなど、この4年間、カンボジア人1位ランナーとして記録を維持している。カンボジ代表選手としては2013年東南アジア大会(ミャンマー)出場、14年アジア大会(韓国)、15年東南アジア大会(シンガポール)に出場し、カンボジア代表として国際大会に連続出場を果たす。

 また、今年は東京マラソン出場、および今回の『2016リオ・オリンピック・カンボジア代表選考大会』により国内1位を死守、カンボジア人選手としての今期最高タイムを記録しており、今後は、7月にカンボジアにて壮行会セレモニーに参加後、7月末にカンボジア代表選手団とブラジル渡航予定となる。



タグ

オリコントピックス