• ホーム
  • 芸能
  • デーブ・スペクター、ベッキー会見にチクリ「面白いこと言わないと」

デーブ・スペクター、ベッキー会見にチクリ「面白いこと言わないと」

 タレントのデーブ・スペクターが、TBS系情報番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜 後10:00)に出演。10日に報道陣との質疑形式の会見を行った、タレントのベッキーに対して「まったく制限しないと言った割に(会見が)10分で終わったのは、短すぎる。嫌な質問が飛んできても対応できるのが、バラエティータレントだから、そろそろギャグとか面白いことを言わないと」とチクリとけん制した。

 1月に『週刊文春』でロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫騒動が報じられてから、先月13日放送のTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(毎週金曜 後8:57)出演まで、芸能活動を休止していたベッキー。10日の会見では「きょうからまたお仕事をスタートさせていただきます。ゼロから頑張りたいと思います、どうぞよろしくお願いします」と本格復帰を宣言していた。

 BSスカパーの音楽番組『FULL CHORUS〜音楽は、フルコーラス〜』から始動するベッキーについて、デーブは「前々から決まっていたことで、それで(本格)復帰というのはちょっと違うと思う」と持論を展開。「(会見でも)『きょう、センテンススプリング来てますか?』とか何でもいいから、言わないと…」と話すも、東国原英夫から「あなたは、謹慎くらったことがないから、わからないんだよ。つらいんだよ!」と一喝された。

 それでも、デーブは「でも、ベッキーは報道キャスターじゃないんだから、バラエティータレントですよ…」とタレント活動を続ける上での覚悟が必要だと力説。ヒートアップしすぎたことを反省したのか「(会見の時に)となりにカンニング竹山さんにいてもらったら、よかったよね」と笑顔でこの話題を締めくくっていた。



オリコントピックス