• ホーム
  • 芸能
  • ファンキー加藤、主演映画初日にも謝罪 平愛梨がフォロー「“元カレ”の加藤が本当に申し訳ありませんでした」

ファンキー加藤、主演映画初日にも謝罪 平愛梨がフォロー「“元カレ”の加藤が本当に申し訳ありませんでした」

 お笑いコンビ・アンタッチャブル柴田英嗣(40)の元妻とW不倫の末、妊娠させたことが発覚した元FUNKY MONKEY BABYSのファンキー加藤が11日、都内で主演映画『サブイボマスク』初日舞台あいさつに登場。ファンから大きな声援が送られるなか「この度はお騒がせしてしまい申し訳ありませんでした。そんなかご来場いただきまして本当にありがとうございます。最後まで楽しんでいって下さい」と謝罪と感謝を伝えた。

【写真】その他の写真を見る


 舞台あいさつには、サッカー日本代表・長友佑都選手との交際が発覚したばかりのタレント・平愛梨(31)も登場。加藤の元恋人役を演じたことから「この度は元カレの加藤が本当にすみませんでした」と共に頭を下げた。

 多くの報道陣が集まり、たくさんのカメラを見た泉谷しげる(68)は「こいつ(加藤)に集中しやがって」とボヤキ節で加藤の緊張をほぐし、「相棒(加藤)がスキャンダルにまみれたときに救ってやろうかな。いじり倒してやろうかと。大変な目にあっても、守ってあげるから」と思いやり、加藤は「ありがとうございます」と笑顔を見せていた。

 W不倫は7日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)で発覚した。加藤は同日、報道陣の取材に応じ、記事の内容を事実と「全て事実」と自ら認め、その後大阪で行った始球式でもマウンド上で謝罪。8日に奈良で行われた同作のPRイベントではファンに直接頭を下げるなど、スキャンダルの渦中で映画宣伝が謝罪行脚と化している。

 舞台あいさつにはそのほか、小池徹平(30)、温水洋一(51)、斉木しげる(66)、いとうあさこ(46)、DISH//小林龍二(19)、門馬直人監督(43)、脚本を担当した一雫ライオン氏(42)が出席した。




関連写真

  • バツが悪そうに謝罪したファンキー加藤の左手薬指には結婚指輪がキラリ(左)。元カノ役の“アモーレ”平愛梨も一緒に謝罪し笑いを誘う。 (C)ORICON NewS inc.
  • 最後に一人で改めて頭を下げるファンキー加藤 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)門馬直人監督、小林龍二、いとうあさこ、泉谷しげる、小池徹平、ファンキー加藤、平愛梨、温水洋一、斉木しげる、一雫ライオン (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『サブイボマスク』初日舞台あいさつを行ったファンキー加藤 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『サブイボマスク』初日舞台あいさつを行った小池徹平 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『サブイボマスク』初日舞台あいさつを行った平愛梨 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『サブイボマスク』初日舞台あいさつを行った泉谷しげる (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『サブイボマスク』初日舞台あいさつを行った(左から)ファンキー加藤、平愛梨 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス