• ホーム
  • 映画
  • 有村架純、ベテランの芝居に感嘆「勉強させていただきました」

有村架純、ベテランの芝居に感嘆「勉強させていただきました」

 女優の有村架純が11日、都内で主演映画『夏美のホタル』の初日舞台あいさつを行った。共演の吉行和子らから、さらなる活躍を願うメッセージを送られ「直接言葉をいただく機会がないので、うれしい」と喜びを噛み締めた。

【写真】その他の写真を見る


 舞台あいさつでは、同作の内容にちなみ吉行が“人生の先輩”として、有村と工藤阿須加へ向けて「二人ともすてきで、前からファンでした。これからも新鮮さをずっと持って、かつ、うんと冒険して逞しくなって」と言葉をかけた。

 吉行や光石研らとの共演を振り返った有村は「現場での皆さんのお芝居をメモとるように見ていた。その場の空気を全部巻き込む力を勉強させていただきました」と尊敬を込めていた。

 同作は、森沢明夫氏の小説を廣木隆一監督が映画化したヒューマンドラマ。将来や恋人との関係に不安を覚える主人公が、父との思い出の場所で出会った人々との交流を通して、新たな道を歩み始める家族愛の物語。



関連写真

  • 有村架純 (C)ORICON NewS inc.
  • 吉行和子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)廣木隆一監督、光石研、工藤阿須加、有村架純、吉行和子、森沢明夫 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『夏美のホタル』初日舞台あいさつを行った有村架純 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『夏美のホタル』初日舞台あいさつを行った工藤阿須加 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『夏美のホタル』初日舞台あいさつを行った光石研 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『夏美のホタル』初日舞台あいさつを行った森沢明夫 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『夏美のホタル』初日舞台あいさつを行った有村架純(左)&吉行和子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス