• ホーム
  • 映画
  • 『アリス』ミア・ワシコウスカ、6年ぶり来日決定

『アリス』ミア・ワシコウスカ、6年ぶり来日決定

 6年前に大ヒットした映画の続編『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)でアリスを演じる女優ミア・ワシコウスカジェームズ・ボビン監督の来日が決定した。20・21日に記者会見とプレミアイベントに出席する予定。

 ワシコウスカは、前作から約6年3ヶ月ぶりの来日。前回は、ほぼ無名ながらも純真無垢なアリスという役に抜てきされたが、今作では役柄と共に大人の女性へと成長を遂げた姿に期待が高まる。

 物語は前作から3年後。悲しい過去に心を奪われたマッドハッターを救うため、時間をさかのぼるアリスの冒険を描く。アリスを待ち受けるのは、秘められた真実と、時間の番人<タイム>との戦い。赤女王の脅威も迫る中、果たしてアリスは、運命に逆らい、過去を変えることはできるのか。

 好奇心旺盛な主人公アリスを演じるワシコウスカはじめ、マッドハッタ―のジョニー・デップ、白の女王のアン・ハサウェイ、赤の女王のヘレナ・ボナム=カーターらキャスト陣が再集結し、個性豊かなキャラクターを熱演。物語の鍵を握るタイム役は、『ポラット/栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のサシャ・バロン・コーエンが演じる。

 チェシャ猫、白うさぎ、双子のトウィードルダムとトウィードルディー、賢者の芋虫アブソレムといった人気キャラクターたちも登場し、製作を務めたティム・バートンが創り上げた奇妙で美しい“ワンダーランド”の世界が色鮮やかに蘇る。

 プレミアイベントは、会場を巨大な時計や歯車で彩られたタイムの城を表現した豪華セットなど、映画の世界観をイメージした装飾が施される予定。



オリコントピックス