• ホーム
  • 芸能
  • 円楽、釈明会見で謎かけ「後悔の真っ最中」 笑い交えて不倫謝罪

円楽、釈明会見で謎かけ「後悔の真っ最中」 笑い交えて不倫謝罪

 きょう10日発売の『FRIDAY』(講談社)で40代一般女性との不倫疑惑が報じられた落語家・三遊亭円楽(66)が同日、都内で会見を開き、事実と認めた上で謝罪した。

【写真】その他の写真を見る


 円楽よると、女性とは2年半前に自身が主催するゴルフコンペで知り合い、独演会の手伝いなどを依頼する中で恋愛関係に発展。「浮気と言えば浮気」と認め、噺家は女性にもてたほうがいいと言われていた時代を振り返りつつ、「時代錯誤だった。軽く考えていた」と反省。今後は「不適切な関係はストップ。仲間として応援してくれる関係は続く」とした。

 円楽らしい毒舌で笑いを起こした場面もあったが、目に涙を浮かべながら「大好きな落語ですから、噺家の世界の片隅に置いておいてくれとお詫びしたい。不快な思いをさせたならば高座でお返ししたい。これからはけいこに精進してまいります」と頭を下げた。

 妻とのやりとりとして、「『身から出た錆』だと言ったら、『錆が味になる』と言われた」と明かすなど、巧みな話術で会見を進行。最後には、報道陣から頼まれて謎かけも披露し、「今回の騒動とかけまして、今東京湾を出て行った船と解きます。(その心は)“後悔”の真っ最中」と披露し、拍手と笑いが起こった。



関連写真

  • 報道陣の笑いを誘った三遊亭円楽 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見は和やかなムードに… (C)ORICON NewS inc.
  • 不倫報道を受け謝罪 (C)ORICON NewS inc.
  • 不倫報道を受け、会見を行った三遊亭円楽 (C)ORICON NewS inc.
  • 不倫報道を受け、会見を行った三遊亭円楽 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス