• ホーム
  • 芸能
  • がん経験者らも応援 海老蔵一家へ相次ぐ激励の声

がん経験者らも応援 海老蔵一家へ相次ぐ激励の声

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が9日、都内で会見を行い、妻でフリーアナウンサーの小林麻央(33)が「乳がん」であることを公表。1年8ヶ月前に人間ドックで判明し、現在は抗がん剤で手術に向けて治療中であることを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 会見では「かなりスピードの早いことでなかなか大変だとお医者さんからご意見をいただいている」と神妙な面持ちで語り「比較的、深刻です」と告白。闘病の日々はこれからも続くが「とにかく元気になってもらうことが家族の願い。つらかったけど、いつか『あの時間は大変だったけど家族にとっていい経験になったね』と言えるように、それを夢見て積み重ねてきた」と思いを口にした。

 頻繁にブログを更新することで有名な海老蔵。会見後にも変わらずブログをアップし、長女・麗禾(れいか)ちゃんと長男・勸玄(かんげん)くんの様子を報告。ファンをはじめ、会見を見たというがん経験者から寄せられる激励の言葉に感謝し「本当に今日の会見が必要だったのか?(中略)分かりませんが無事に終わりまして良かったです。しかし私共家族はこれからも本番です」と前を向いた。

 応援の声は、ファンのみならず芸能界からも寄せられ、07年に右胸に乳がんを患い、摘出手術を受けた経験を持つ歌手のアグネス・チャン(60)はブログで「闘病は大変ですが、どうか力を合わせて、前向きに頑張ってください。自分に一番合う治療法を選んで、必ずがんに勝ってくださいね」と自身の経験も踏まえてアドバイス。

 そのほか、05年に子宮頸(けい)がんが見つかり手術を受けたが、その後再発し、10年に全摘手術を受け、抗がん剤治療をしたタレントの原千晶(42)、乳がんのために妻を29歳の若さで亡くした読売テレビの清水健アナウンサー(40)が、ツイッターを通じてそれぞれの思いをつづっている。

 そして9日夜、2006〜10年までサブキャスターを務めた日本テレビ系『NEWS ZERO』(月〜木 後11:00、金曜 後11:30)宛てに「大切な家族に、負担をかけてしまっていることが一番悲しいですが、家族と一緒に生きるために、これからも治療に励んでいきます。私は、とっても前向きです!」とコメントを寄せた麻央。

 同番組公式フェイスブックには「とにかく頑張って下さい。つらい事が多いと思いますが、ご家族と共に、ご自身のためにも頑張って下さい」「記者会見、家族のおもいに涙でました。まさか深刻な状況で辛いと思いますが負けないで回復してくれるのを祈ってます」と視聴者からの励ましのメッセージが届き、過労で休養中の姉・小林麻耶(36)のブログにも姉妹を応援するコメントが今もなお、寄せられている。



関連写真

  • 闘病生活を送っている市川海老蔵(左)&小林麻央夫妻に各所から激励の声 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見の様子 (C)ORICON NewS inc.
  • 妻・小林麻央の病状を説明する市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見を行った市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 妻・小林麻央の病状を説明する市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 妻・小林麻央の病状を説明する市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス