• ホーム
  • 芸能
  • 海老蔵、麻央「支え続ける」 存在の大きさを「痛感」

海老蔵、麻央「支え続ける」 存在の大きさを「痛感」

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が9日、都内で会見を行い、同日、妻でフリーアナウンサーの小林麻央(33)が、「乳がん」と公表した。会見では夫婦のやりとりも明かし、「とにかく麻央を病気が治るまで全面的に支える」と力を込めた。

【写真】その他の写真を見る


 麻央は、1年8ヶ月前に人間ドックで乳がんが判明した。病状については「比較的、深刻ではある」とし、抗がん剤治療を受けているという。

 会見前には、麻央からLINEで連絡があったといい、海老蔵は「『病気が治っても支え続けるよ』って(答えた)。逆に俺も支えてね」と明るく振る舞い「つらかったけど、家族にとっていい経験になったという会話ができるように、それを夢見て日々積み重ねてきた」と話した。

 麻央の存在の大きさについて「麻央がいたからこそ私がいる。なんだかんだ家にいないと寂しいし、芝居するときもいつも『いってらっしゃい』と言ってくれていたので、改めて麻央という存在の大きさをひどく痛感した」と実感を込めていた。

 先日は、成田山新勝寺で得度式を受けたことも話題になったが、「麻央が闘っているなかで、私がやらなくちゃいけないのは、麻央を支えること。まだまだこれからも続くので、自分を切り替え、むちを入れるために(得度式を)受けたと理解してほしい」といい、「皆さまにお願いしたいことは、病気で、子どもたちも小さい。麻央が元気になったらご報告したいので、なるべく、見守ってほしい」と呼びかけた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 妻・小林麻央の病状を説明した市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見を行った市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見を行った市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス