• ホーム
  • 芸能
  • 海老蔵、妻の乳がん発覚で茫然自失「時がすぎるのを忘れるような」

海老蔵、妻の乳がん発覚で茫然自失「時がすぎるのを忘れるような」

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が9日、都内で会見を行い、同日、妻でフリーアナウンサーの小林麻央(33)が、一部で進行性がんであると報じられた病名について「乳がん」と公表。発覚当時の心境を問われると「私自身、途方に暮れた」と神妙な面持ちで振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 1年8ヶ月前に人間ドックで判明し、現在は抗がん剤で手術に向けて治療中と告白。病状については「かなりスピードの早いことで、なかなか大変だとお医者さんからご意見をいただいている」と語り、「比較的、深刻です」と明かした。

 質問が発覚当時について移ると「忘れもしない。私自身、途方に暮れたというか、どうしようかと」と言葉を絞り出し、「女性の方が気丈で冷静に物事を見てる。そういう意味ではショックが私よりも大きかったと思う。それからは、時が過ぎるのも忘れるような時を2人で過ごしました」と話した。

 麻央夫人の様子を「前向きに病と闘っている」と報告した上で、「誰よりも本人がつらいと思う。麻央の家族、私の家族、子どもたち。元気になりたいという気持ちと小さい子どものそばにいられない母親の気持ち、私には計り知れないつらさ、苦しさと闘っていると思う」と思いやった海老蔵。

 「極秘」だった闘病生活を公表し「ホッとした部分もある」と漏らした一方、「これからも続くわけですから」と語気を強めると「病気が治るまで全面的に支える」と誓った。

 同日付の一部スポーツ紙が、小林が進行性がんを患い、治療を続けていると報じていた。二人は2010年3月に結婚。翌11年7月に長女、13年3月に長男が誕生している。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 会見を行った市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見を行った市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見を行った市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見を行った市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス