• ホーム
  • 芸能
  • 鈴木奈々、飛行機トラブルで名古屋→東京「タクシー代が22万円」

鈴木奈々、飛行機トラブルで名古屋→東京「タクシー代が22万円」

 モデルでタレントの鈴木奈々(28)が9日、都内で行われたNETFLIXドラマ『火花』上映イベントに出席。先日、岡山でのロケ後、大韓航空機のトラブルの影響で乗るはずだった東京行きの飛行機が欠航になってしまったという鈴木は、「でも絶対に帰らなきゃいけなくて、名古屋まで飛んだのでそこからタクシーで5時間かけて帰って来たんです!」と興奮気味に明かした。

 続けて「タクシー代が22万円だったんです!」とヒートアップするも、「でも私が払うわけじゃないから、いいんですけど」と本音をポロリ。さらに「一緒に乗ってたのがダイヤモンド☆ユカイさん。ずっと5時間寝ないでロックンロールを歌ってて、めっちゃ迷惑だった!」と嘆いて、笑いを誘っていた。

 また、同作の英語版字幕を担当したオーストラリア出身のお笑い芸人・チャド・マレーン(36)は、劇中の内容にちなみ過酷だった仕事を聞かれ、「山道を整備するイベント」と回答。「山のふもとで40キロ分の石を背負って山道に置いていく。山の上でネタをするんですけど、お客さんもヘロヘロで…」と驚きの内容を明かすと、鈴木も思わず「超過酷じゃん…」と同情していた。

 同作は、お笑いコンビ・ピース又吉直樹原作による第153回芥川賞受賞作品をドラマ化。190カ国に向け全10話を一挙配信中。この日のイベントには60ヶ国の外国人75名が参加した。



関連写真

  • 交通トラブルでの災難を明かした鈴木奈々 (C)ORICON NewS inc.
  • 外国人だらけの上映会 (C)ORICON NewS inc.
  • 同作の英語版字幕を担当したチャド・マレーン (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス