HKT48穴井千尋、7月末で卒業へ 学業に専念

 アイドルグループ・HKT48でチームHのキャプテンを務める穴井千尋(20)が8日、福岡・西鉄ホールで行われた公演でグループからの卒業を発表した。現役女子大3年の穴井は学業に専念するため、7月31日をもって活動を終了する。

 劇場支配人の尾崎充氏はGoogle+で「穴井千尋、本日のチームH「シアターの女神」公演にて、HKT48メンバーとして、そのアイドル活動を終えることを決断、発表させていただきました」とファンに報告。

 本人とは時間をかけて話し合ってきたといい、「彼女が挑んだアイドル業と学業の両立。叶わず…最終的に学業の道を選ぶこととなりました。先ずは、留学をして大学は4年で卒業を目指します。その先、更に思いを巡らせています」とつづった。

 穴井も自身のGoogle+で「HKTの活動との両立を考え大学へ進学しましたがやっぱり難しく、3年生になり私の中で大学を4年で卒業したいという気持ちが強くあったので勉強に集中するためにも卒業を決めました」と改めて報告。「勉強の1つとして私は留学という道を選び、8月から留学することがもう決まってます」と説明した。

 2011年7月にHKT48の1期生オーディションに合格した穴井は、12年3月にチームHが結成された当初からのキャプテン。14年1月に春から大学に進学することを発表していた。『AKB48選抜総選挙』には第4回から参戦し、圏外→圏外→39位→33位と順位を上げていたが、今年は立候補していなかった。



オリコントピックス