• ホーム
  • 芸能
  • 国仲涼子、『99.9』で産後初ドラマ 「こんな緊張感は久しぶり」

国仲涼子、『99.9』で産後初ドラマ 「こんな緊張感は久しぶり」

 女優の国仲涼子が12日放送のTBS系連続ドラマ『99.9−刑事専門弁護士−』(毎週日曜 後9:00)第9話にゲスト出演することがわかった。昨年9月に夫で俳優・向井理との間に第一子が誕生した国仲にとって産後初ドラマとなり、「前日も寝られなくてせりふをちゃんと言えるか、お芝居を忘れていないか、頭の中がいっぱいでしたね。こんな緊張感は久しぶりです」と振り返っている。

 同ドラマは人気アイドルグループ・松本潤扮する超型破りな弁護士・深山大翔をはじめ、個性的な刑事専門弁護士たちがぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく、新感覚のリーガル・エンターテインメント作品。

 国仲は鉄道会社の会長である義理の父を殺害してしまい、自首したいと深山らに相談してくる皐月を演じる。緊張しながら撮影に臨んだという国仲だが「1年ぶりのドラマ出演になります。ドラマがやりたいと思っていた矢先のオファーだったので凄くうれしかったです。絶対やりたいです!とお返事をしました」とやる気十分。

 「きっと視聴者の方には、皐月がとても悪に見えると思います。少しダークな部分はあると思いますが、私は悪い女とは思わず演じています。皐月が犯人なのか?そうじゃないのか?最後に皐月の考えが暴かれます。でも、本当の真相は皐月本人にしか分からないかもしれません」と意味深に語っている。



オリコントピックス