• ホーム
  • 芸能
  • 野村周平、福士蒼汰の“父親”役「お父さんって呼んでよ」

野村周平、福士蒼汰の“父親”役「お父さんって呼んでよ」

 俳優・野村周平が25日、26日に放送されるフジテレビ系大型スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚(きたん)』(後9:00)に出演が決定。主演の福士蒼汰演じる鳴海大の父親・川崎雄大の青年時代役に起用された。野村は、福士とは同局『恋仲』(2015)以来、およそ1年ぶりの共演となるが「現場で(福士に)『僕のことを、お父さんって呼んでよ』と言ったんですが、『やだ』と言われてしまいました」と冗談めかして明かした。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは渡辺潤氏の原作漫画を実写化。2009年の長崎を舞台に軍艦島に隠された三億円を発見し、さまざまな人物たちの思惑に妨害されながらも、「三億円事件」の真相や父親の死の謎を追い求めていく大和やヒロイン・未来(芳根京子)の活躍を描く“現代パート”と「三億円事件」が発生した1968年当時の物語の“1968年パート”を巧妙に絡み合わせて展開していく。

 “1968年”パートでは雄大の恋人・井上和子に門脇麦、雄大の幼なじみで、後に大物政治家となる府中南署の刑事・沢田慎之介に三浦貴大、府中の不良・望月竜に渋谷謙人、竜の恋人・響子ギブソンにホラン千秋、竜の不良仲間・横溝保に瀬戸利樹らが出演する。

 ある事件から心を閉ざしてしまった雄大は、国を変えたいという野心を抱く沢田を介し、竜、響子ギブソン、保と共に、「三億円事件」の実行犯として加担していくことになるが、野村は「あくまで台本を読んだイメージですが、すごくカッコイイ事件だなと感じました。もちろん、“事件”なので、カッコイイという表現は正しくないと思いますが、犯行の手口がスマートで痛快な点に、引かれてしまいました」と感心。

 父親役の野村について福士は「共演させていただいた方と、こういう形ですぐにまたご一緒できるのはうれしいことです。しかも、今回は(野村が)お父さんになってしまいました(笑)。野村君とは同級生なので、本当に不思議な感覚です」とコメントしている。



関連写真

  • 26日に放送されるフジテレビ系大型スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚(きたん)』(後9:00)に出演する野村周平
  • 26日に放送されるフジテレビ系大型スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚(きたん)』(後9:00)で野村周平が『三億円事件』の実行犯に
  • 26日に放送されるフジテレビ系大型スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚(きたん)』(後9:00)に出演する(左から)門脇麦、野村周平c
  • 26日に放送されるフジテレビ系大型スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚(きたん)』(後9:00)に出演する(左から)野村周平、門脇麦
  • 26日に放送されるフジテレビ系大型スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚(きたん)』(後9:00)に出演する(左から)野村周平、三浦貴大
  • 26日に放送されるフジテレビ系大型スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚(きたん)』(後9:00)に出演する(左から)野村周平、渋谷謙人c
  • 26日に放送されるフジテレビ系大型スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚(きたん)』(後9:00)に出演する(左から)ホラン千秋、渋谷謙人c
  • 26日に放送されるフジテレビ系大型スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚(きたん)』(後9:00)に出演する(左から)香川照之、渋谷謙人c

オリコントピックス