• ホーム
  • 音楽
  • コブクロ、『Mステ』で「桜」「未来」アコースティックバージョンで演奏

コブクロ、『Mステ』で「桜」「未来」アコースティックバージョンで演奏

 人気デュオ・コブクロが10日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』(毎週金曜 後8:00〜8:54)に出演。昨年12月に発売された27枚目のシングル「未来」に加えて、10年前の大ヒット曲「桜」(2005年11月発売)の2曲を披露する。

【写真】その他の写真を見る


 映画『orange−オレンジ−』の主題歌として書き下ろした「未来」は、大きな幹から枝分かれしていく未来をイメージして作られたメッセージ性の強いバラード曲。10年後の自分から手紙が届くという映画のストーリーになぞらえ、CDジャケットには、コブクロが10年前にリリースした「桜」のジャケットデザインがモチーフとして用いられたことでも話題となった。

 10年の時をつなぐ2曲をコブクロがテレビで連続演奏するのは、今回が初。アコースティックバージョンで2人の美しいハーモニーを響かせる。

■出演予定アーティスト(50音順)と「演奏予定楽曲」
大原櫻子「大好き」
コブクロ「桜」「未来」
斉藤和義「マディウォーター」
乃木坂46「きっかけ」
V6「Beautiful World」
Flower「やさしさで溢れるように」



関連写真

  • コブクロ(黒田俊介、小渕健太郎)が6月10日放送、テレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演
  • コブクロ「桜」(通常盤)
  • コブクロ「未来」

オリコントピックス