• ホーム
  • 芸能
  • ファンキー加藤、柴田に心から謝罪 妻は「一生を懸けて守る」

ファンキー加藤、柴田に心から謝罪 妻は「一生を懸けて守る」

 きょう7日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)でお笑いコンビ・アンタッチャブル柴田英嗣(40)の元妻と“W不倫”関係にあると報じられた歌手のファンキー加藤(37)が7日、公式サイトを更新。同日の会見で謝罪の言葉を伝えたが、改めて柴田や妻、そしてファンへのお詫びの言葉を記した。

 「いつも多くの応援をいただき、誠にありがとうございます」の書き出しで加藤は「本日発売されました週刊女性の記事についてですが、書かれている僕の記事の内容はすべて事実です」と改めて伝え「現在お相手の女性との間には子供を授かっております。そして認知させていただいております。産まれくる子供の為にも、きちんと責任をもって向き合って、考えていきたいと思います」と思いを明かした。

 続けて「柴田さんへ、辛い思いをさせてしまったこと、心から謝罪をさせて頂きました」といい「今回の件で、妻には計り知れない大きな心の傷を負わせてしまいました。正直、離婚を切り出されたこともありました。都合のよい話だとわかっていても、自分は離婚をしたくなかったです」と胸中を吐露。

 最後は「こんな自分を最後は受け入れてくれた妻のことを、一生を懸けて守り、つぐなっていきたいと思っています」と誓うと「ファンの皆様には、裏切ってしまったこの信頼をどう取り戻すのか、必死で考え、これからの答えを導き出していきたいと思います。本当に、心よりお詫び申し上げます」と結んだ。

 同誌によると、加藤は後輩主催の飲み会で柴田の元妻と知り合い、不倫関係に発展。その後、不倫がきっかけとなり、柴田と元妻は昨年5月に離婚が成立。その4ヶ月後の9月には元妻の妊娠が発覚した。

 また、同日正午には柴田がLINE LIVEの配信番組『さしめし』に生出演。記事内容を認め「子供のことだけが心配」「離婚をした後の話だから、あんまり知らないんだよね」と落ち着いた口調で話し「相手(加藤)を責めたところでも奥さんもいるし、子供もいるし」と冷静に語りつつも「怒ったし、悲しんだよ」と本音も明かしていた。



オリコントピックス