• ホーム
  • 映画
  • D・ラドクリフ、村上春樹にハマる「日本に行きたい」

D・ラドクリフ、村上春樹にハマる「日本に行きたい」

 米ニューヨーク・AMCリンカーンスクエアで現地時間6日、映画『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』でバットマンとスーパーマンを手玉に取る悪役を好演したジェシー・アイゼンバーグと、「ハリー・ポッター」シリーズで世界中をとりこにしたダニエル・ラドクリフが共演する映画『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(9月1日公開)のワールドプレミアイベントが行われた。

 本作では、華麗なイリュージョンで不正に搾取された金を奪い、世間に還元する4人のイリュージョニスト集団“フォー・ホースメン”の前に、ラドクリフが演じる天才科学者が立ちはだかる。その攻防の先にどんな結末が待ち構えているのか。

 正義のイリュージョニストを演じるアイゼンバーグは、日本のファンに向けて「僕の演じたキャラクターが大好きだ。彼は世界で最も自信にあふれたマジシャンだよ。日本は大好きだからぜひ行けるといいな。以前行った時にはあちこち回ったんだ!」とコメント。

 一方、敵役に回ったラドクリフも「ハロー、日本の皆さん! 日本が大好きだから、また必ず行きたいと思ってるよ。最初に日本に行ったのは12歳の時だった。それ以来、ずっと応援してくれてとても感謝しているんだ。本当にありがとう!」と、日本のカメラに笑顔を向けた。さらに、ラドクリフが口にしたのは海外でも人気の小説家、村上春樹氏の名前。「最近、村上春樹の作品を読んでいるんだ。去年の夏、彼の本を続けて4冊読んでから彼のとりこになっているよ。だから日本に戻らなきゃね」と明かしていた。

 本作のプロデューサーで、作中のイリュージョンの監修も務めるデヴィッド・カッパーフィールド氏は「映画で披露されるイリュージョンは実現できるんだよ!」と自信たっぷり。「アベンジャーズ」シリーズにも出演するマーク・ラファロは「オヤスミナサーイ! タイヘン美味シカッタデス!ドウモアリガトウ!」と知っている日本語を自信満々に披露し、笑いを誘っていた。ほかに、モーガン・フリーマン、デイブ・フランコ、リジー・キャプラン、監督のジョン・M・チュウなどが来場し、会場をにぎ賑わせていた。



関連写真

  • (左から)デイブ・フランコ、デイブ・フランコ、ジェシー・アイゼンバーグ、リジー・キャプラン、ダニエル・ラドクリフ、ジョン・M・チュウ監督
  • 談笑するジェシー・アイゼンバーグ(左)やダニエル・ラドクリフ(右から2人目)たち

オリコントピックス