• ホーム
  • 芸能
  • 10年ぶり舞台『こち亀』 中川はユージ、麗子は原幹恵 オリジナルキャラも

10年ぶり舞台『こち亀』 中川はユージ、麗子は原幹恵 オリジナルキャラも

 今年9月に上演される舞台『こちら葛飾区亀有公演前派出所』(通称:こち亀)の追加キャストが発表され、中川圭一役をユージ、派出所のヒロイン、秋本・カトリーヌ・麗子役は原幹恵が務めることが決定した。

【写真】その他の写真を見る


 またラサール石井が演じる両津勘吉とコンビを組むオリジナルキャラクター向島三四郎(むこうじま・さんしろう)役は池田鉄洋が担当。さらに、イケメン特殊捜査部隊「SOT」のRYO役を青柳塁斗、Wake(ウェイク)役を味方良介、MAKOTO役を章平、HIROSHI役を北園涼、SATOSHI役を福澤侑が演じる。

 「こち亀」は1976年より『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の秋本治氏による国民的ギャグ漫画で、今回の舞台化は10年ぶり5度目。原作の連載40周年記念として企画され、脚本と演出はラサール石井が手がける。

 初演舞台からキャストがほぼ総入れ替えとなり、その理由について石井は「私含め、年取ったので…(笑)私以外一新しよう!」と説明。さらに「初演から中川を演じていた伊藤明賢が今回は一転、海パン刑事を演じることに!ほかのキャスト陣もかなりイメージ通りで、豪華なメンバーが集まったのでお楽しみに!」と明かしている。

 中川を演じるユージは「もともと『こち亀』が大好きで、このお話を頂いた時、海パン刑事かな!と思ったのですが、まさかの中川役でびっくり!僕はお金持ちではないですけど、家柄、アメリカ育ち、体型などなど、実は中川との共通点が多くて…。これはもう適役ですね!(笑)」と自画自賛。麗子役の原は「麗子役で出演できるなんて、とてもうれしく思いつつも、今からドキドキです!自分なりの麗子を作っていきつつも、皆さんのイメージを崩さないように頑張っていきたい」と意気込んでいる。

 同作は今年9月9日〜19日までAiiA 2.5 Theater Tokyo、23日〜25日は大阪・サンケイホールブリーゼにて上演される。

■公式サイト
http://kochikame-stage.jp/



関連写真

  • 舞台「こち亀」で中川圭一を演じるユージ (C)秋本治・アトリエびーだま/集英社 (C)舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」製作委員会2016
  • 秋本・カトリーヌ・麗子役は原幹恵 (C)秋本治・アトリエびーだま/集英社 (C)舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」製作委員会2016
  • 両津勘吉はラサール石井 (C)秋本治・アトリエびーだま/集英社 (C)舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」製作委員会2016
  • オリジナルキャラクター・向島三四郎役 池田鉄洋 (C)秋本治・アトリエびーだま/集英社 (C)舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」製作委員会2016
  • RYO役の青柳塁斗(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社 (C)舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」製作委員会2016
  • Wake(ウェイク)役の味方良介 (C)秋本治・アトリエびーだま/集英社 (C)舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」製作委員会2016
  • MAKOTO役の章平 (C)秋本治・アトリエびーだま/集英社 (C)舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」製作委員会2016
  • HIROSHI役の北園涼 (C)秋本治・アトリエびーだま/集英社 (C)舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」製作委員会2016
  • SATOSHI役の福澤侑 (C)秋本治・アトリエびーだま/集英社 (C)舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」製作委員会2016
  • 10年ぶり舞台「こち亀」のメインビジュアル (C)秋本治・アトリエびーだま/集英社 (C)舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」製作委員会2016

オリコントピックス