• ホーム
  • 映画
  • 菅田将暉、池松壮亮は「思ってたよりボケる」

菅田将暉、池松壮亮は「思ってたよりボケる」

 俳優の池松壮亮菅田将暉が7日、都内で行われた映画『セトウツミ』(7月2日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、此元和津也氏の漫画を実写化。クールな塾通いの内海役を池松、天然な元サッカー部の瀬戸役を菅田が演じ、若手演技派として注目を集める2人がまったり“しゃべるだけ”の会話劇に挑む。ヒロインの女子高生・樫村役で中条あやみが出演。『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣氏が監督を務める。

 オファーを受けた際の心境を問われた池松は「しゃべるだけって挑戦的だし、映画として成り立つのか不安はありました」と回顧しつつ「(撮影期間が)短くて、一週間で撮った。手応えもクソもなかった」とぶっきらぼうに語って、笑わせた。

 共演した菅田については「すごく心と体が柔らかい柔軟性のある俳優」と羨望の眼差しを向けた池松。一方で菅田は「思ってたより池松くんがボケる」と意外な一面を明かし「ボケるのが好きな人。ツッコむのがすごい大変でした」と笑いながら振り返っていた。

 イベント終盤には、同作の予告編同様に2人が“スタンディングオベーション”について熱弁を交わす一幕も。そのやり取りを見た観客たちも参加し、全員が“上映前”にも関わらず、2人へスタンディングオベーションで拍手をおくった。池松は「まだ観てないのに立たせるなんて…」と恐縮しつつ、菅田は「ありがとうございます」とほほ笑んだ。




関連写真

  • 映画『セトウツミ』で共演している(左から)池松壮亮、菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)大森立嗣監督、池松壮亮、菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『セトウツミ』の完成披露舞台あいさつに出席した大森立嗣監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『セトウツミ』の完成披露舞台あいさつに出席した池松壮亮 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『セトウツミ』の完成披露舞台あいさつに出席した菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『セトウツミ』の完成披露舞台あいさつに出席した(左から)池松壮亮、菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス