• ホーム
  • 芸能
  • アンタ柴田、ファンキー加藤&元妻へ気遣い「怒って悲しんだけど…」

アンタ柴田、ファンキー加藤&元妻へ気遣い「怒って悲しんだけど…」

 きょう7日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)で自身の元妻と歌手のファンキー加藤(37)が不倫していると報じられたお笑いコンビ・アンタッチャブル柴田英嗣(40)が同日、LINE LIVEの配信番組『さしめし』に生出演。騒動について心境を語り、加藤や元妻、子どもたちへ気遣いを見せた。

 同誌によると、加藤は後輩主催の飲み会で柴田の元妻と知り合い、不倫関係に発展。その後、不倫がきっかけとなり、柴田と元妻は昨年5月に離婚が成立。その4ヶ月後の9月には元妻の妊娠が発覚したという。柴田は直撃取材に対し「ふたりが決めたことでしょうし、まぁ自分が口を挟むことではないな…」と、元妻をかばう様子を見せていた。

 この日の放送のオープニングでは、「この番組でお伝えできないこともあるので、おいおい発表させていただきます」としながら、番組パートナーの歌手TEEからの質問に答える形で徐々に告白。記事内容を認め「子供のことだけが心配」「離婚をした後の話だから、あんまり知らないんだよね」と落ち着いた口調で話し、「相手を責めたところでも奥さんもいるし、子供もいるし」と冷静に語った。

 本音では「怒ったし、悲しんだよ」と明かしながらも、「この件で関係のない俺の過去の不倫のこととかも一緒に出ちゃって、『それは置いておいてくれよ』と思ったよ」と笑わせた。なお、自身の元妻と不倫関係になった加藤について、友人関係であっため終始“加藤ちゃん”と親しげに呼びつづけた。

 加藤はこの日、都内スタジオで報道陣の囲み取材に対応。加藤、柴田、柴田の元妻の3人で話し合いの場が持たれたことを明かし、柴田の態度について「感情を荒ぶるようなことはなかった。終始すごく冷静で、いろいろな話をしてくれました」と語った。



オリコントピックス