• ホーム
  • 芸能
  • ファンキー加藤、自分から柴田元妻誘った「女性として魅力を感じた」

ファンキー加藤、自分から柴田元妻誘った「女性として魅力を感じた」

 きょう7日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)でお笑いコンビ・アンタッチャブル柴田英嗣(40)の元妻と“W不倫”関係にあると報じられた歌手のファンキー加藤(37)が同日、都内スタジオで行ったレコーディング後に報道陣の囲み取材に対応。不倫について謝罪し、相手の女性について「僕から声をかけました」と自身から不倫を持ちかけたことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 同誌によると、加藤は後輩主催の飲み会で柴田の元妻と知り合い、不倫関係に発展。その後、不倫がきっかけとなり、柴田と元妻は昨年5月に離婚が成立。その4ヶ月後の9月には元妻の妊娠が発覚したという。

 加藤は誌面内容ついて全面的に認めながらも、女性が柴田の妻であったことは「知らなかった」と釈明。ただ「女性として魅力を感じたのは事実」とし、「僕から声をかけたので、責任の多くは僕にあります」と自身の非を認めた。

 結婚して子どもがいる身ながら、自分から女性に声をかけたことについて「奥さんを裏切った不倫ですよね?」とレポーターに追求されると、加藤は一瞬口ごもり、「今となっては軽率な行為だったと思います」と謝罪の言葉を述べた。




関連写真

  • 謝罪会見を行ったファンキー加藤 (C)ORICON NewS inc.
  • 多くの報道陣に囲まれた会見の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • ファンキー加藤が会見を行った都内スタジオ (C)ORICON NewS inc.
  • 謝罪会見を行ったファンキー加藤 (C)ORICON NewS inc.
  • ファンキー加藤が会見を行った都内スタジオ (C)ORICON NewS inc.
  • 謝罪会見を行ったファンキー加藤 (C)ORICON NewS inc.
  • 謝罪会見を行ったファンキー加藤 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス