• ホーム
  • 芸能
  • ファンキー加藤、W不倫を認め謝罪「生まれてくる子どもに罪はない」

ファンキー加藤、W不倫を認め謝罪「生まれてくる子どもに罪はない」

 きょう7日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)でお笑いコンビ・アンタッチャブル柴田英嗣(40)の元妻と“W不倫”関係にあると報じられた歌手のファンキー加藤(37)が同日、都内スタジオで行ったレコーディング後に報道陣の囲み取材に対応。一連の報道を認め、神妙な面持ちで謝罪した。

【写真】その他の写真を見る


 現場には報道の真偽を問おうと、大勢の報道陣が集結。午前11時頃、レコーディングを終え、隣接した駐車場内で取材に応じた加藤は、多くのフラッシュを浴びながら深々と一礼し「記事に書かれていることは事実です」と認めた。

 続けて「こんな自分をそれでも支えてくれる妻と家族、そして柴田さん、本当につらい思いをさせてしまいました。この場を借りてお詫びさせていただきます」と話し「ずっと僕のことを応援し続けてくれたファンの皆様にご心配をおかけしました。そして裏切ってしまったことを心からお詫びさせて頂きます」と再び頭を下げた。

 同誌によると、加藤は後輩主催の飲み会で柴田の元妻と知り合い、不倫関係に発展。その後、不倫がきっかけとなり、柴田と元妻は昨年5月に離婚が成立。その4ヶ月後の9月には元妻の妊娠が発覚したという。

 また、報道通り、生まれてくる子どもの認知と、養育費を払うことを明かし「このような状況になってしまいましたが、生まれてくる子供のことをしっかりと考えて、向き合っていきたいと思います」と加藤。「生まれてくる子どもに罪はない」といい、唇をぎゅっとかんだ。




関連写真

  • 謝罪会見を行ったファンキー加藤 (C)ORICON NewS inc.
  • 涙を浮かべながら謝罪するファンキー加藤 (C)ORICON NewS inc.
  • 現場には多くの報道陣が詰めかけた (C)ORICON NewS inc.
  • 多くの報道陣が詰めかけた会見の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • ファンキー加藤が会見を行った都内スタジオ (C)ORICON NewS inc.
  • 謝罪会見を行ったファンキー加藤 (C)ORICON NewS inc.
  • 謝罪会見を行ったファンキー加藤 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス